Apple MusicでダウンロードしたらDRMかかってるけど、それCDに焼けるの?っていう話

Apple Musicが結構面白くて聴いちゃうもんで、音楽聴くのが楽しい時期になってきています。他のサービスとどこらへんが違うのかわからないのですが。

そしてヘッドホンで聴くのもいいんですけど、一番良いのは家でゆっくり聴いてる時かなあ?と。

で。

そんならDJで使えないかな?って思うじゃないですか?ダウンロードしたのプレイできないかな?って。

DRMがかかっているので、データをダイレクトでPCDJとかそういう事は出来ないです。音質の事はひとまず…ひとまず置いといてもApple Musicのを使ってDJプレイとかは今の所、出来ないみたいです。

そういうことならですよ。昔のiTunes Music StoreみたいにDRMかかってても、プレイリストはCDで焼く事が出来るんじゃないか?と思った次第!

という事でプレイリストにしてダウンロードしてCD作成してみた!

やってみたらこうなりました。

やっぱそれは無理か!っていうか「徹底してディスクレスな世界を目指してる感じがあるな!」と。

そしてやはり二次利用…うーん。そうでなくて…

「絶対にタダでは配布しないからな!」っていう事なんでしょうね。これを許可してしまうとApple Musicみたいなサービスを始める意味がなくなってしまいますからね。

Apple Musicを使い出すと自分の持っている曲なのか?ストリーミングでアクセスしていい事になってる曲なのかの境目がわからなくなってくるくらい良く出来てるんですが、とにかく「タダはダメ」っていう事みたいです。

うーん。面白いっすね!

Apple MusicでダウンロードしたらDRMかかってるけど、それCDに焼けるの?っていう話」に9件のコメントがあります

  1. 【S】Apple MusicでダウンロードしたらDRMかかってるけど、それCDに焼けるの?っていう話
    師匠〜!やっぱりダメみたいです〜ちなみにiMovieでの曲の使用も出来ないので正当な方法ではOPするのは無理です…正当なでは(笑) http://t.co/aY91iyK5a0

  2. こんにちは!そうですねえ。ソフトの名前をわすれちゃったのですが、実時間かけるならばもっと簡単な無料ソフトも存在しますが…今は使えるのかどうか謎ですし、僕も作家としてApple Musicにはアップしてますので、出来れば再生してもらいたいです(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください