NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

BITWIGのコンテナに生楽器系の音読み込んだらどうなるんだろ?

投稿日:

今日もBITWIGの話題でございますが、今日都内で行われたセミナーのUSTありましたね。録画放送でみました。

今のところできない機能があるのはなんとなーーーく理解出来てはいたので「知らないおもろい使い方ないかな?」って思って見てたら、なるほど。結構ためになりました。相対オートメーションっていうのがあるんですが、アレが面白そうですね。マニュアルに書いてある事ではあるんですがトライしてみた事はなかったんです。

そういう場合は人のやってる作業見るのが一番でござる。セミナーなんだし。

今度やってみよう。おもろいウォブルベース作れちゃいそうね、アレ。

この記事ではそれとはまた別の事について書いてみようかと。

なんか見てたらコンテナに色んなもの突っ込んでみたくなった

えーと、自分内部ではそういう思考にたどり着くまでの色々な内部処理があったんですけども「そういえばこういうことしてみたらどうなんだろう?」っていうのをやったのがこの動画。

https://www.youtube.com/watch?v=w4SnFFutyIw

なんか適当な試し弾きとはいえ、ものすごく鍵盤が弾けなくなってるんですけど…Nano Keyですけど。

 

Nano Keyがダメなんじゃなくて、音源のアタックとかレイテンシーの問題もありますが(最近ステップ入力ばっかりなので、そんな感じでも平気)ちょっとねえ。少しちゃんと鍵盤置いて弾いてみるか。

音源内部で処理をするとか、MIDIチャンネルをどうこうするとか、abletonとおんなじ事をしても仕方がないのでXYコンテナっていうちょっと特殊なカオスパッドみたいなやつに入れてみました。以前にシンセサイザーでこういう事をして面白かったんですが、生楽器系でやるとこんなんなるんだねー。

これはちとあかんなwwww

でも、演奏方法に今までと違った感覚を持ち込めるのは確かなので、なんか面白い使い方ないかなあ。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.