NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

以前に作ったものを片っ端から集めているところ

更新日:

最近始まったNOTEでも書いてみたんですけど、あるフリーユース音楽の配布サイトに参加させてもらいました。

こういうのって面白そうじゃないですかー。このブログ上部のメニューのところにそれらしきリンクがあるので、ご興味ありましたらそちらの方からゼヒゼヒ遊びにいらしてくださいませね。

そういうわけで、以前に作った曲で「これは配布しても良いかな?」っていうものをかき集めてます。もちろん最近作った曲も申請にかけているんですけどね。寝かしておくのももったいないじゃないですかー。

そしたらもうスゴいですよね。自分のファイル管理能力。ビックリしますよね。

どこに何があるのかさっぱりわからんですよ。一ヶ月前のものすらキチンとまとまってないんだもん。

まとまってないと困るようなプロジェクトはちゃんと管理出来てるんですが、それ以外にポロッと出て来たようなやつが全然まるっきりまとまってないの。ファイルのリンク切れとかもあるし。ファイル管理はキチンとやっといた方が良いですねー。「必要なものについてはちゃんと整理出来てるからこれでいいのだ!」ではいかんな、と。

あんまり重要ではないファイルもキチンと管理出来るようになったら、重要なファイルの方はもっと奇麗にカッコ良く整理出来そうな気がしますからねえ。ただ机が汚れがちなのはモノ作る人の典型って感じがしないでもないです。

探してたら2010年のでこんなんが出て来た

2010年の12月ころに僕はこんな曲を作っていたようです。今聴くとスゴい恥ずかしいんですけど。

なんかね大河ドラマのOPみたいなの作ってみたかったみたい。尺も完全に意識してますよね。

これは多分サンプルタンク2の付属音源だけでやったような気がします。今の音源ならもうちょっと良くなると思う。当時はギターで曲を作ってたからそれで十分だったんです。というかサンプルタンクすら全然使ってなかったっすねえ。

それでも何かこういうのが作りたかった時期だったんだよなあ。

プリズンブレイクとか、そこら辺のサントラを真似て作ってみたり、逆に龍馬伝のOPの曲をサイバートランスっぽくアレンジする遊びとかもやってたような気がします。リフがかっこいいぜーwwwwとか言いながら。

これMIDIデータも音データもどこにあるのか解らないので、Webにほっちくら投げておいたのをキャプチャしてOZONEにかけました。なんでだかステレオバランスがメチャクチャだったりしたので、かなり修正したし左右のワイド感も半分くらいにして、ようやくこうなったっていう感じ。これなら「なんとか」聴けるのかな?と。

なんでこの曲をここに乗っけてついでに動画にしようと思ったのか?

これを先ほどのフリーユースのサイトに登録申請するかどうか?審査に通るかどうか?ってのはわからないんですが、とにかくこれを聴ける形にしておこうと思ったのはどうしてだろう?他にもそれっぽい事してるのにね。

多分ねー、やっぱり結構よかったんだと思う。恥ずかしいところもかなり沢山あるんです。でも結構よかったんだと思うんです。

それと…

この「何にも恥ずかしい事なんか無いぜーwwwwww」感がね。いいな、と(笑)すごいよね。もうね何にも考えてない感がすごい。多分オーケストレーションとかおかしな事になってると思うんですよ。でも、そんなの知った事じゃないぜーwwwwwってのがすごい。何がすごいって最後のドラなー。恥ずかしすぎるwwww

この頃そういうの勉強しようと思って本を読んでみたはずなんだけど全然アタマに入ってこなかったし。

あと旋律っていうものに対してビビってないところがすごいな、と。

そう思った次第です。ホントに何にも考えないで鍵盤をうりゃーって弾くとかして作るのもアリなのかもしれません。生で再現する事とかないでしょうしwもしもあったら誰かに加筆をお願いすりゃいいんですよ。

とにかく、無邪気に面白がって音楽を作る事って大事だなーと、この曲聴いて思いました。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.