NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

iTunes Matchでミュージシャンに何か還元されるものあるの?

投稿日:

こないだパーティーで「80年代ナイトをやりたい」と提案してくださったDJさんに「ジョジョEDでかかってるバングルスのやつ、よう知らんかった」って言ったら「そりゃあダメですよ」ってダメだしもらいました!www

ま、しかし今って良くも悪くもインターネットで色んな音楽に簡単にアクセス出来るようになりましたからね。バングルスのこれならばジョジョのEDは良い紹介者となったわけです。

「良い紹介者」ってのが昔より大事になるのだなあと思う昨今でございます。んー。僕はそう思います。Twitter Musicどうなった?

そんな中、日本でiTunes Matchのサービスが稼働しました。

これまでSpotifyとか期待しまくってて「今回もダメー!」とかだったので「無理なのかな?」と思ってたところなのでちょっと嬉しいです。

iTunes Matchのサービスがどんなか?っていうのは他のブログに譲るとして…

iTunes Matchでミュージシャンにお金は入るの?って言う話をしてみようと思います。

結論から書くと「収益は発生します」身をもって体験しました

このブログ皆さんも読んだりしたんじゃないでしょうか?

収益。出ます。1年くらい前かな?米国のTunecoreの売り上げ画面で確かに発生しているところを見たんですよー。

と書いているんですが、きちんとしたデータが残っていないんです。あそこってリニューアルもしまくっているので、今見てみたらどうなってるのかよう解らんのです。でも確かに何かが発生していました。

もしかしたら雀の涙程度のものだったかもしれません。

雀の涙かもしれませんけどね…

今は違法ダウンロードが普通に行われてしまうご時世になってしまって「取りこぼしが確実に出てしまう」って言う状況になってしまいました。作品が搾取されてしまう構造になってしまったわけです。

実はカセットテープが一般化した頃にも同じような議論はあったらしいんですけどね。よくよく考えたらオレもCD買わないでカセットテープに入れまくってたもんねえ。

シンセなんかもそうなんですよ。「オレたちの仕事を無くす気か?」ってスタジオミュージシャンがデモを起こしたりしてたんだって。これホントなのかな?冗談って説もあるし、シンセとは全然別のものなのにね。

それとか海賊版とかねえ。

しかし今はこういう風にインフラを整えてやる事で、少しでもミュージシャンに還元されるものを出す方法の選択肢が増えてきました(たとえほんの少しでも)。

それは悪い事でもないなあ、と思ったりもしています。加速しすぎるとよろしくないんですが。

そして、こういう風になったからこそハイレゾの事も真剣に考えてくれたら良いなーと思うんですけどね。ミュージシャンが伝えたい事を正確に伝えられてない可能性があるからなあ。どうしていきなりハイレゾの話になるのか?についてはまたどこかで書ければ書きます。とても関係のある話なんですよー。

しかしiTunes Matchどうなりますかね?日本にはMusic Unlimitedっていう定額制のサービスがありますけど、あんまりパッとしませんよね。

これは既存サービスの質が悪いのか?それともそもそも日本人はそういうもんなのか?ってのを見極めるチャンスになると思います。iTunesストアって日本では全然ダメですからねえ。もしもコレが良くなっていったらアップル税とかも軽くなるかもしれないぞ!なんてな。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.