NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

流れとか状況はあると思うけど…前半は時間を無駄に使ったと思う

投稿日:

今日は味スタまでFC東京 vs 大宮見に行きました。

前半の話はとりあえず置いといて。

後半は久しぶりにFC東京によるポゼッションバリバリのオラオラサッカーを見れたので楽しかった。

それだけに今日の敗戦はいただけなかった。この3連敗はちと痛すぎる。本気で頭に来たので試合後の儀式にはとても参加する気にはなれなかった次第。北斗来てくれたのに申し訳ない。もうスタジアムを離れかけてました。

そういえば降格したのもワールドカップイヤーだったので、ちと今のうちに何かしないとシャレにならんなーと思っています。

と言うわけで今日も「感想」を書きますね。

前半45分の時間の無駄について考える

僕は今日の試合の流れを見ると「前半45分は単なる時間の浪費。時間の無駄遣い」だと思ってしまいました。結果論ですが。

後半はよかったねー。

後半開始で一番ハッとなったのが「あ、平山がサイドに開いてる」「なんか自由に動いてる」っていうところでした。3トップの真ん中とか関係ねーくらいのノリでやっててチャンスをも作り出していた感じ。この奇襲をもってすぐに平山は3トップの真ん中に収まったので、おそらくは奇襲だったのでは。こういうのよかったですね。

その後もなかなか良かった。3トップが真ん中にグッと寄ったんですね。そうなれば「攻撃の人数を増やせる特殊なポジションであるサイドバック」がガンガン上がって来れるので重なろうが何だろうが、この方がゴールの可能性が高いと思うんですよ。人数かかってんだもん。

前半は遠かったから、そういう印象をもっているだけかもしれませんが…

前半はこう言う事が出来てなかったと思う。出来なかったというか…もっとイロイロ出来たんじゃなかろか?

やろうと思えば出来たはず。色んな事が出来たはず。

これは恐らくまずは失点をしないとか、そういう考え方がこう言う事にしちゃうんじゃないでしょうか?

でも最後に決められてしまえばプランもクソもない。プランを完遂するために守備をするとか…そんなの解らないじゃないですか?確実なのは自分たちが1点を取る事しかない。勝つならそれしかない。自分たちで何かしない事には時間の浪費でしかないんです。8時間キッチリでタイムカード切るのとおんなじ事ですよ、あれ。

って言える段階までにチームは来ていると思います。

フォワードが決められてないから時間の無駄だと言ってるんじゃないんです。今のチーム状況とかで考えたら無駄な時間だと思いました。

それにしても時間は有限すぎる…

その後、河野が投入されてフリーに動き回って、更に東京のポゼッションが強烈になったんですが、もうちっとボールに触れたねー。そりゃそうだ。相手だって最初にやられたら対策はしてくるもんね。でも非常に良かった。

河野が投入された時点で試合の残りは35分。ロスタイム含めて40分か…

サッカーの試合って90分しかないのに、そんな時間でしか有効な事ができなかったのか。しかもその時間内で得点出来るとは限らないので、この時点でチャンスは激減していると思っちゃう。チャンスは半分になってると思ってる。さっきにも言った通り後半立ち上がりの人員でも面白い事が出来てたのですから、前半の45分はなんだったんだろうか?と思うんですよ。

その後エドゥーの投入もありましたが、遅くなるのもわかります。攻撃が相当面白かったし期待も高まっていましたからね。気がついたらもう後半30分くらいだった。時間の使い方で一番「アチャー」な感じ。

チャンスはあった!ではなくて…時間があればチャンスは増える可能性が高い!

そう思ったんです。今日は。

なんでもいい、何でもいいから何かアクションをおこしてみよう。そんなチーム状態まで来てるんじゃないかな?

では大宮のゴールはどうなんだい?って話ですが…

攻撃に関して言えば時給は高いよねwwwwアレwwwwww

ああいうゴールはそういう事でしかないと思います。そしてたまーに高確率でコレが出来る選手がいるのでそういう選手はゴール時給が高いんでしょう。あ、年俸の話とは違いますよ?ゴール時給です。

そんだけの事だと思います。ああいう事って起こるし、東京だってやってきてるもんね。

 

以上単なる感想でした!苦情は受け付けません!質はちょっと何かしてみるだけで高まるはず!それを目撃したもん!今日!いずれにしても何とかしないとホントにマズいぞ!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.