NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

理想が叶わなかったなら現実に向けてダイブ!日本代表の敗因を探るだけムダという私見

投稿日:

ワールドカップ2014・ブラジル大会のグループリーグ。日本代表は3戦勝ち無しで敗退してしまいました。「負けたなー」と思いながらお昼間いろいろとググっていたらこんな記事を見つけてしまいました。

発端は「こんな守備的なサッカーをする理由は?」との記者からの質問。これが62歳の戦略家のプライドに火を付けたらしい。「では私も質問しよう。君が定義する『攻撃的なサッカー』とは何だね? 君は答えられるのか?」

オランダ・ファンハール監督 「守備的」批判、結果で反証:引用・日経新聞のサイト

いまの僕ならば、ある程度時間をおいた僕ならば。こう答えるでしょうね。

得点の確率を限りなく上げるためにチーム全体が動き、それを連続的に行える事

だと思います。今大会オランダは守備的とかも言われますがポゼッションする時はキチンとポゼッションしますし、守備も見ていて面白い。なので、あの布陣には納得出来るものがあります。理由がキッチリとあるように見えます。

ファンハールはこんな事も言ってますね。

「私は勝ちたい。1点でも多く取って勝ちたいのだ」

そして記事中ではこんな事も書かれています。

5バックという後方を分厚くする布陣は守備的に見えるが、10得点は23日の時点で最多。1次リーグ3試合で2桁得点を記録したのは、2002年大会のブラジルとドイツ(ともに11得点)以来のことだ。守っているだけのチームが残せる数字ではない。

日経かよwwwwwwwww

って感じもしないでもないですが、うなずけるところばかり。ファンハールとかなんとなくあんまり好きじゃなかったんですけどね。うなずけるところばっかりだなと思います。

ユナイテッドどうなるかなあ。

というか「攻撃的=バルサとかっぽい。ポゼッションする」ってなんでなんだ?

ワールドカップと欧州選手権って言うのは、次の4年のサッカーのトレンドを「ある程度」決める大会だったりする場合もあるんですが、そんな事よりヨーロッパとか、それこそJリーグを見てりゃ解る事があるんだよな。

異様なポゼッション率で得点の確率を飛躍的に向上させるって言うのは、どこのチームでも出来るわけでもない。しかも強力なアタッカーがいなきゃいけない!っていうかそれだけでも無理!

な、わけですよ。

というかね、ポゼッションサッカーにしても強力なアタッカーがいなかったら放り込みのサッカーと同じなわけです。確率が高まらないならば、おんなじ事ですからね。

そして、むしろ危険の方が多い。

もちろんサッカーの試合の結果そのものに対しても危険だったりするんですが、危険さが重度になってくると才能あふれるフォワードの選手の個性すら奪いかねない非常に危険なものだと思ったりします。

この数年の欧州ではバルセロナ対策のための戦術が随分と進んでいますよね。

っていうかバルセロナ対策って言うよりは…

なんでバルサみたいな事しなきゃいけないの?ってことですよな。

普通に考えてヨーロッパ人だったらこんな事はしないわけです。マドリーの方が銀河系集団が色々と言われた時代もありましたが、野球だって巨人だけじゃつまらないでしょう?巨人が強いから周りも倒そうとして盛り上がる…ってのはもちろんあるけれど、巨人みたいなのばっかりだったら絶対つまらないわけです。

これは日本がワールドカップに参戦し始めてから「スペイン至上主義」みたいな識者の影響力が未だに強い事を示唆してるんじゃないでしょうか?

基準にするのは良いけど「そんな事じゃ永遠にサッカーがおもしろくなるわけがないよな!」バルサ的サッカー、スペインの判官びいきサッカーを愛し続けていたらいつまで経っても日本のサッカーなんか出来やしない。バルサ的だとはいいませんが。

と言う事が解っただけでも今大会はよかったし、飛躍的な進歩なんじゃないの?

今大会、日本代表は「負けない試合なんじゃなくて、勝つための試合をする布陣で挑んだ」わけですよね。このメンタリティーは超理想主義ではありますが、そう言ったノリでグループリーグに臨んで、このような結果が出た事を僕はポジティブに捉えたいと思います。あえてね。

理想に燃えて勝てなかったけど、それでも「ああ、通用しないんだな。攻撃出来ない時は出来ないんだな、守備も追いつかない事があるんだな。中に入れても連動出来ないんだな。前プレとかビビることもあるんだな、というかサッカーって基本的にままならないものなんだな。きっと強豪だってそうなんだろうな」

ってのを思いっきり思い知らされた事。本当によかったと思います。

これでようやくスタートラインですねー。敗戦の理由を探る必要なんかこれっぽっちもないと思います。これってサッカーだよねー、っていう。そんだけかと思います。続投はねーがなー!他の監督を気にしすぎて意固地になりすぎだ!wwwwww

だから、ある意味「みんなが信じ込む全体主義で行ってみようとした」っていうのは評価しても良いと思います。そう言う戦い方を選択するのはありっちゃありでしょ?

んでね。。。。

つまんねーんだよ!ポゼッション至上主義のサッカーばっかりになったら!両方できて迫力あるチームが強いの!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.