NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ブンブンサテライツが乃木坂に提供した曲がカッコいいのでギター弾きたい

投稿日:

Twitterを眺めていたら、こんなtweetが眼球に吹っ飛んできました。

 

おおお…まさかすぎる。我が敬愛するブンブンサテライツが。

そしてOvertureというタイトルもカッコいい。カッコいいじゃないですか。ヲタさんの間ではOvertureっていうのは重要?な単語みたいですけど。そして聴いてみたらコレがかっこいい。えらくカッコいい。未だライブで激盛り上がりするKick it Out とか Easy Actionの系譜ですよね。これ、激盛り上がるんですよー。あ、でもそれよりもうちょっとギターのフレーズが素直にロックっぽいかもしれない。

この話は昨日くらいには見かけていたので、楽曲自体がものすごく参考になりました。

たまたま、個人的にリミックスやってたんですよ。公開とかはされないと思いますけど。参考になったんです。こういうミックスはしなかったんですけど。

僕とか「歌があんまり聴こえねえじゃん」みたいな事を平気でやっちゃうので、ブンブンサテライツとかは、こういうのやる時どんな風にまとめるんだろう?と思って。「どんな素材があるんだろう?」とか「渡された素材どんなか?」とか「いや、そもそも素材あるのか?」とかとか。声とか素材なんですかね?

Twitterとかを見てみるとヲタさんからは割と不評らしいんですがwwww恋チュンなんかもそうだったと聞きます。あれ、多幸感があっていいんだけどねえ。

でもこれってヲタさんに限った話ではなくて、歌謡曲でロックンロールとかR&Bとか、そういう黒人音楽の要素が聴こえてくるとリスナーが拒否反応を示すっていう話があるんだって。一般的な話なんだって。だから作家さんは意図的に超工夫をして「技法は使いながら、それっぽい匂いをうまく抜く」んだって。まじか。

そして「前の方がいい」とかってのは…人間って新しいものを求めながらそういうところがありますからねえ。実際に使用された時にどうなってるか?次第かと思います。

盛り上がるんじゃねーかなー?って思ってるんですけどね。塗り替えてくれねーかなー。マジで。

オープニングSEとしてはめちゃカッコいい!ので、ブンブンサテライツファンとしてはですね「意外な依頼、どうもありがとう」って感じで聴かせてもらっちゃいました!凱旋行進曲のやつはいつになったらフル尺聴けんだ!

で、ギター弾きたいなーって思いました。久しぶりに弾くかな。コピーバンドでは弾いてるんですけど。歌ってるし。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.