DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン 日常 音楽

なんかTMネットワークがやってきた事を見てみて「へえーっ!」ってなってる、の巻

投稿日:

なんかビジュアルイメージかっこいい!wwwwwかっこいいので載っけたった!怒られないかな!?

f:id:syunnakano:20160803013351j:plain

常々「なんか始まる」みたいな事を言ってたような気がするバンドがこういうタイトルでなんかするという事は・・って言う事です(笑)オラオラオラァ!!

・・・

今日は曲の種をなんとなく撒きながら、なんかTMネットワークとTMNを聴いてたりします。朝から「デトロイトテクノ最高」とか言ってたんですけど。

で、TMネットワークなんですけど「なんかやけっぱちだったのかなあ?wwww」っていうこれ聴いてるんです。

RHYTHM RED

RHYTHM RED

  • TMN
  • J-Pop
  • ¥2100

そして、ウィキペディア見てみたらこんな事が書いてあるんですよね。

ハードディスクレコーディングが可能なシンクラヴィアを多用し、CDの音質を超える100kHzサンプリングマスターが作られたが(音を聞いた時「生演奏より生っぽく聞こえた」という)

いま現代。あのバケツみたいなMac使って、良いサウンドボードなりミキサーでも使ったら、これみたいな事が出来ちゃうんですよね。あ、MacBookでもやれない事ないかもしれません。よく言われる事ですけど。

改めて「まじか」とか愕然となるんですが(笑)聴いてみると、当然今の音ではないし、今の音の詰まり方はしてないわけですよね(今が絶対というわけではないですよ?録音作品だから)表現においてテクニック的な事も日々変わっていくし大切な事なんだなあ、と思ったりしてます。

思ったりしながら・・・

「自分の曲とか、マスタリングを人にお願いできるようになりたい(涙)」って思ったりしていますwwww

そうそう、テクニックっていう意味で言ったらギター弾くのも技術じゃん?みたいな。

で、この頃にはデジタルのレコーディングが始まったりしてると思うんですけど、その過渡期。このアルバムから数年前にこんなんがあるんよね。

ライブのやつなんですけど。

僕、この曲すごい好きで、リリックとかも大好きでグッとくるんですけど、そういうのってティーンの特権だと思うんでコッソリとグッとしていようと思いました(笑)。なんか、ご時世的に響くところありますよね。こういう事書くのって、ちょっと勇気いるんですけど。世知辛い時代すなあ。

で、この曲が入ったアルバムがhumansystem』って言うんですけど、これまたWikipedia見てみたらこんな事書いてあるのね。

デジタルレコーディングで使えるダイナミックレンジを犠牲にさせない事とシンセサイザーのノイズ音を取り除くという小室自身の意向により、他のアルバムに比べて録音レベル(音量)が小さめとなっている

いやあ、なんかもう「へえええええええ」ってなってますよ、今更(笑)。確かに昨日帰り道に聴いてみたら「音ちっちゃ!でも最高!」ってなってました。

これ読んで、ブンブンサテライツのLay Your Hands On Meのハイレゾ版の事思い出しちゃって。なんかすげえなあ、って思ったりしていました。

ワイはOZONE使うとき、マックスで出し切らないっすよ。やっぱりちょっと下げてる。プリセットがそうなってるからなんですけどwwwwww曲をいったんオーディオに書き出す時も似たような事しますしね。っていうかリミッターあんまりかけないんですが、かけちゃってもいいんですかね?いいんでしょうね、多分。だってそういうプラグインがあるんだもんなあ(笑)。

そんなわけで「TMいいなあ」なんて思いながら過ごしていましたです。あと、近頃ごんぎつねがグッと来ます。切なすぎる(笑)っていう。特に理由とかないんですけど、ごんぎつね読み返してみて欲しいなあ!

なんだ今日のこれ(笑) 。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン, 日常, 音楽

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.