NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ableton LIVE

ableton LIVEの「フラット化」っていう機能が面白いすね

投稿日:

ableton LIVEには「フラット化」っていう機能があります。僕はもう10年くらいableton LIVEを使っているのですが、こないだ始めて知りました。おー便利だな、と。

どんな機能か?っていうと「フリーズしたトラックを完全に一本のオーディオトラックに変換する」という機能です

こんな感じですよ。

こりゃ便利。知らないでいました。他のDAWにあるみたいなMIDIに再変換するとかフリーズの解除ができなかったりしますが、とても解りやすいです。フリーズしたトラックをオーディオにしているので当然エフェクトもかかった状態で書き出されます。ぱーっと録音した感じですよね。プロツールスの範囲選択からエフェクトかけるのにも似てるかなあ。

フレーズのトラックでやるとこういう風になります。

まだ途中ですが。

なるほど。EDMっぽいじゃないですか。多分FLとかはMIDIでもこういうノリですよね。

僕は「MIDIのまんまにしておくやり方」にちょっと固執しすぎてたところがあるんですが、やっぱりオーディオをいじりだすと変な事が起きるので面白いんですよね。

ただし、面白いもんだから曲のコアになるアイデアが出てない段階でトラックが30くらいになってきてて「あらあら、どうしましょう」っていう風になってます。いかん(笑)

そう言えば昔はこういう事をやってたんだよな

僕がableton LIVEをメインDAWにし始めたのは、MIDIの打ち込みが出来るようになってからなんですけど、よくよく考えたらこういう事やってたんだもんなあ。それこそMTRだったりとか。フレーズサンプリングはモロにこれだし、コンピューターだったら他のソフトで作ったフレーズをオーディオにして、abletonに持ってくるとか。

こんな風に当時と同じ事をやるにしても、より早く格段に便利になっていますが、気分的にはちょっと若い頃に戻った気分で楽しいですね。初期衝動とかではさすがにやれなくなってきてるし、誰もが聴いた事の無い音楽を作るとかスゴく難しい事だし、ごくごく稀にごくごく稀なバンドや人の中で起こる事ですが。。。

これまで自分がやってみた事の無い手法を取る事は出来ますもんね。そして、なぜかちょっと自由な感じもある。アタマをフレッシュにしていきたいところです。

それをやる事で色々とブレが出て来ない程度に。

それこそ曲のコアが出来てないという事にもなったりしますしね。

-ableton LIVE

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.