NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

iOS8でevernoteが今更ながらに面白くなってるが…Webサービスと連動させたい

投稿日:

表題の通りなんですけど、iOS8になってからSafariの画面にevernoteのアイコンが出てくるようになったので、ようやくちゃんと使うようになりました。ちゃんと使ってるかどうかとか解りませんが。

evernoteが出て来た頃によく言われた事と言えば…

  • 記憶を自分以外のところに残せておける感じ
  • つまり溜めたあとに検索すると面白いぞ

というようなものでした。さっきやってみたら確かに面白かった。

なのでね、日記とかつけても面白いんだろうと思いますよね。僕はDay Oneが好きなんですけど。多分まとめちゃった方が面白いかなあ。

それとか僕、速記が苦手なんですよ。得意な人っているのかな?って思います。ついでに文字がヘタクソなんですよ。なので手書きでメモをすると、あとから「なんじゃこりゃ?」となります。軽度のコンプレックスですよこれ。

あ、もちろん最低限の箇条書きぐらいはしますけどね。

「要するに人の話を聞いてない」って思われそうなんですが、むしろ人の話の方を聞きたいのでメモとか手書きでなくて出来ればタイピングをしたいなーと思っています。なんか、なかなか出来ないんですけど。

つまりメモの場合は「正確な記憶」としておきたいので、手を動かしながら考えるなんて事はあんまりしたくなかったり。手を動かすと考えちゃうような気がする。インタビューする人とかどういう風にしてるんでしょうね?やっぱりレコーダー回すのかな。

というかオレの場合はアレです。メモ術をちゃんと考えた方が良さそうです。メモと記憶をキチンとすりあわせるテクニックとか。

あとペン字。

そう言う枝葉の記憶などなどを連結させるのにはevernoteってのはいいだろう、と

というわけなので、今後しばらくevernoteを使ってみようと思います。もちろん「こりゃ紙に書いておくのすらやだなあ」って話は脳みそで覚えておくだけにしますが。

ちょっと前にサーバーが攻撃食らったみたいな話もありましたし、P2Pこえー、とか言ってたばっかりなんですけども、間違いファックス一斉送信するよりは確率は低いだろうな、と。使わないリスクの方が今は高いかも、と。

そしたら面白そうじゃないですか。メモを検索したつもりが解決策がズラズラーっと出てくるような事があったらムチャクチャ面白そう。もしかしたらevernoteのヘビーユーザーってそう言う使い方をしてるんかな?

で、ブログのようなものならば、出来れば拡散したい。拡散した上でevernoteに自動保存出来るようにしたい

SNSで回ってきたり、検索してみたら面白かったブログとかはSNSなどなどでシェアしたいじゃないですか?シェアしたいってのは欲求ですよ、欲求。アレ面白かったねー、って。

例えば、プロのインタビュアー&書き手の仕事の根源的な楽しみは、そこんところなんだろうし。たまにはやりたくない仕事もあるかもしんないけど(笑)多分シェアっていうのは、人間が持ってる表現欲求の根源的なところなんだと思うんですよね。それこそ歌を歌うのと一緒みたいな。

なので「オープンになってるもの」はシェアした方が楽しいなー、と思うわけです。何でもかんでもオープンにするのはアレなので気をつけましょう。

で、ついでに出来る事なら「楽しかったー!」って表現をですね、そのまま外部に気軽な感じで記憶しておきたいわけです。

そこでevernoteの登場という事になるわけですな(今更なんですけど)

シェアと保存の両方をやるなら、どうやら「IFTTT」っていう連携サービスを使うと良さそうだ

これ、なぜだか気がついたらアカウントを持っていたので使ってみる事にしました。

使ってみる事にしたんですが…これがまた意外と使いづらい。特にダイレクトでevernoteに放り込むとなると面倒きわまりない。evernoteに保存してからSafariでシェアがいいんじゃない?って言うレベル。

ただ、evernoteのヘビーユーザーさんはだいたい「Pocket」に一度入れた方がいい、っておっしゃいますよね。バイアスがかけられるからなんだとか。

いや、多分ユーザビリティの点で面倒なだけなんだと思うんだけどwwwwどうなんでしょうねえ。

ひとまずTwitterでふぁぼったらPocketに保存出来る設定にしました。というか「あとで読むサービス」も搭載されてますから、そっちを主に使うかもしれませんけどね!

色んな記憶が線になれば楽しいだろうなあ。ホントに今更なんですがwwww

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.