NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

というわけで音楽販売サイトを作るためのクラウドファンディングを始めました

投稿日:

表題の通りの感じでクラウドファンディング始めてみました!サイバーエージェントさんのところですね。ウィジェットが貼り付けられるので面割とか恥ずかしい限りですが貼り付けてみますね。ここからリンクされているという感じです。

多分説明が必要だと思うんですが「観賞用だったら高すぎだろ!ナメてんのか?」っていうところなんですが、これ、観賞用は観賞用なんですけど「ロイヤリティーフリーである」っていうところが重要でして。

二次利用される方が使用しやすいっていうのをやろうとしているので、動画畑の方で「お?こんくらいならいいね」って思ってくださったら支援していただけるとうれしいです。

今、他にもいろんな機能をいじってみているのですが、かなり親切に出来ていてウェブメディアへの紹介願いを出す方法まで書いてあったりします。面白いなあ、これ。

ともかく期間はこれから1ヶ月。準備不足感は否めませんが支援してくださった人がいらっしゃいますから「これは真剣にやらなきゃダメ」と思いました。

多分支援が一切なかったら「どうでもいいかー」になってたかもしれないっす。ありがたいことです。

それにしても、やってみたら「試される感バリバリ」ですね

募金とは違っていて「こういうのやりたい」っていうのを金銭をもらうという感じで誰かに問うわけなので…

やる前ですね。色々思ったんですよ。「うまく行かんかったら恥ずかしいよなー」とかとか。だって普通に恥ずかしいもんねえ。

Webで出すとか、販売するとか、無料とかならば、今は簡単にできてしまうのですが「世に問う」「こう思ってる」ってのをクラウドファンディングみたいな公開性でやるとですね「こっちが問われる感」があるんですよ。AKBとかこんな感じか!って思って(笑)公開でやるってこういうことなんだなーって。

計画立ててる間は「いけるかも!」とか思いながらキャッキャキャッキャやってるんですけど、実際に公開になると「こういう感じかー」ってなっちゃう。しかも、ありがたいことに支援してくださった方もいるので「ハンパもやれない」って思いますしね。

そして、なんだか、すごく懐かしい気持ちになってきました

マイペースってすごく良い言葉だと思うんですけど「男ならどっかでバッチリ世に問う!って言う機会が必要!特に男一匹で問う必要がある!」って思いました。実際は手助けしてくれてる人もいるんですけどね。実行者は自分ですから。と、マチズモな俺は言ってみますよ。

本当はそれをずっとやってる「つもり」でいたのだけど「こういう形で」やる必要があったのかも。

多分、これやるのって「Webでの活動についての僕」には必要だったんだと思います。

音楽も変わってくるんじゃないかな?って思っています。期間中にプロジェクト用のものを作ったりしないといけませんしね。

肩肘はらずにやった方がいいって気もしますが、ちょっと気張ってみたいですね。肩肘張ってみたいです。

というわけで運動会には順位をつけたほうがいいし、成績も…順位を出すのってやだけどwいいことかもしれませんね!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.