NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ボカロデューサーとか歌詞をスケッチしておくのにいいと思ったので饒舌!の巻

投稿日:

ペヤングが一時的に商品回収するってことで「こりゃ大変だ」と思いましたので、仕事帰りに撮影敢行しに行きました!本当に回収されてんのか!?って。

近所の「ちょっとだけ紀伊国屋感あるスーパーマーケット」に潜入したんですけど、ああいうスーパーマーケットで「捜査だ!」ってテンションでアレコレしだすとFBIっぽい気分になって楽しいですね。黒スーツだったら間違いなくシークレットサービス。たまにスーツで走ったりするともう気分はFBIですけど、僕。

で、ペヤングなんですが。

ここ数年食べてなかったんですけど、そんな事にはなってるとは、つゆ知らず(#焼きそばだけに #Twitterでも言った)で。

僕は一平ちゃんが好きなんですけども「国民食だやばい」と思いました。

つゆ知らなかったんですけど(#やきそばだけに)ペヤングって、現在ではいろんな商品があるじゃないすか?あんまり見たことないんですけども。生産ラインが増えるとちょっと色々と課題が出てくることはあり得ますかね。大変だこりゃ。

あ、そしてこんなツイートがありました。

「焼きそばの全国勢力分布図凄え!」って思ったんですが、ペヤングとか存在自体が面白いので頑張って欲しいですね!

では本題。

ペヤング潜入捜査後にボカロデューサー使ってたらこんな曲ができました

ボカロデューサーっていうウェブサービスがあるんですけど、歌詞を入力したら歌を作ってくれるやつがあるんですね。ボカロネットっていうところにあるサービスなんですけど。

これが案外面白い。テンプレートから自動的にメロディとかアレンジをつけてくれたりするんですけど、案外面白い。割り符の事をあんまり考えなくても、それなりに歌にしてくれたりするんで、結構参考になるのです。歌詞を書き留めておくのもいいかもしれませんね。クローズ設定とかできるのかな?すごくいいスケッチになりますよね(アプリがあったような気がするけど)。

ひとまず、思いついた「言ってて気持ちいいことをズラズラ制限文字数内で書いていく」と、いい感じです。それを色々としていくと…

今度はオリジナルを作ってみたくなりますよね。

で、今日できたのはこういう曲。とても短いです。

https://soundcloud.com/nakano-syun/aauem1b39cri

もしかしたら、ボカロデューサーのテンプレとメロディーが一緒になってるかもしれないんですが、シンプルでいいんじゃないかな?と

作業の順番としては、ひとまず音符を書いて、歌詞をつけていきました。

かといってメロ先でも詞先でもない感じ。「くー」とか「らー」とかブツブツいいながら音符を書いていくっていう感じですかね。これは実際に自分でアコギ弾きながら歌うときも同じようにやるんですが、なにぶん僕は歌う人でもないですからねえ。歌詞も書け!って言われて書けるタイプでもないですし。最近あんまり歌詞が書けないもんなあ。書かないんじゃなくて書けないの。

で、そうやってメロディーが出来たら歌詞をPiaproに流し込んでいきます。

メロと歌詞が同時に発生した場合ならば、流し込んだ時点で完成ですから、あんまり苦労はしないですかね。色々とパラメーターを弄る人もいるかと思いますが、曲調次第ではそのままの方が素朴でいいかもしんないです。僕はボカロ特有の声質から考えちゃうところが多少はありますから、ボカロやるときは素朴な感じの曲になりやすいような気がしてます。

最初はアコギの伴奏にしてたが「あー、これはピアノでシンプルに」だと思いました

ギターでコード進行とか聴きながら微調整してたんですが、音符書いてるうちに「もうこりゃピアノ伴奏でシンプルに、しかないな」と思いました。本当は演奏するのがベストなんですが、現在、部屋にでっかい鍵盤を設置してないもんで打ち込みにしましたです。近々設置したいっすなあ。

で、僕個人の創作活動としては、すごーく珍しいんですが、これってラブソングなんだろうなー、と思います。そういうの全然書けないんで、珍しいなーと思ってます。

クラムチャウダーっていうのが「実際こりゃどういう料理なんだろ?」って感じじゃないですか。海の幸も山の幸も入ってるし。色々入ってるし。

なにより「クラム」って二枚貝の事ですから。

つまり、だから、そういう感じなんだろうな、という。いろんなものを持ち寄って一品にするんだな、って。

後からそう思いました(笑)

けれども、こういうことって共同作業すべてに言えることなんでしょうね。すごくすごく当たり前の事で難しいことではあるんですが、そういう歌とか労働歌みたいな事にもなってたら面白いなーと思います。けれども短い!

でも、この尺じゃないと、このアレンジじゃないと、っていう曲なような気がします。久しぶりに歌詞っぽい歌詞が書けたので饒舌になってみました(笑)歌詞を説明しすぎ感ありますけどね!たまには!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.