NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

1001のバイオリンになったら永遠にフィックスされた青春って感じでヤバい

更新日:

最近通勤時間にドラクエやりまくってるんですけど、こないだ電車内でドラクエしてたらユラ〜っとなったのでガッと吊り革つかんだら、手のひらの皮をちょいと剥がしまして血がダラダラ出てきました!おお!こんな出るのかい!って思ったんですけども。

で、ずっとバンドエイドしてたんですけども、今日のお昼間に取り外してみますれば、すごかったよね。

フニャフニャな皮膚がしっかり剥がれてて「ありゃー」っていう。ただ、痛みも無く、もうふさがってきたのでなんともないんですけども、ドラクエやってたら怪我したの初めてかもしれない(笑)スタンド攻撃かと思いましたよね。

現在、音楽をやる人は、びっくりするくらい過去をいじくりまわしてるっていう!(でもちょっと違う)

ところでこっから先は昨日の話の続きかもしんない。

ドラクエのリメイク版やりながら思ってたんですけど、音楽やる人ってやばくないすか?特に最近の音楽やる人。俺も含めて。

音符ってひとつ置いたらそれって過去の出来事でしょ?本当は。

それを結構念入りにいじくりまわすという。こんなもん、思い出美化みたいなもんですよwwwww

生の一発とかズージャなやつだと基本的にそういうことしないから「現代の打ち込み音楽家は特に過去に執着しまくって生きる癖がついてるんじゃねえかな?」と思ったりしたんですけど、よくよく考えたら割とそのままにしておいたりするし、別のお話でしたね。そ、これは別のことですね。クオリティーの話ですかね。

けれども、こういうものは時空を超えるなーと思いました。

そう、音楽家とリスナーのやることは時空を超えること。時間軸の表現は特にそうなのかも。

で、音色とか伴奏を変えると物凄い時空超える感がある

で、たまたま今日聞いてみてたんですけど、これいいよなあ。CMで使われてたやつね。

オリジナルのバージョンカッコいいし「若いぜ!」って感じがするんですけど、ストリングスのみの伴奏でやると「それが永遠にフィックスした感じ」になっちゃった気がするのは僕だけでしょうか?なにか「その時」だけでなくって「永遠の青春!永遠の夏!」になっちゃった感がするのは僕だけなんですかね?すごいサイケデリックだとも思うし。

このバージョンも長いこと残っていくものかもしれんなあ、と思ったりしました。というかこういうところに帰るか?あるいは探すのか?そういうんがあると色々と面白いのかもしれませんね。

音楽は時空を超えるな、と。そう思うわけです。そういうことをしたいですねー。面白いことをたくさん。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.