NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

本日の曲を追加。surfaceのCMみたいになりたいなーと思ったんですけど。

更新日:

By: Internet Archive Book Images

えーと、こんばんわー。今日はなんでだか色々時間がかかってしもたので、さらっと今日のことを。

今日は…特になんかしてるわけでもないんですが(笑)いつものよーに「これやったら面白いんじゃないだろうか?」っていうことでチマチマと曲を作っていましたよ。

今日できたのはこんな感じ。

https://soundcloud.com/nakano-syun/toy-poodle

タイトルは「トイプードル」。なんかそんな感じかなあ?と思いまして。こんな凶悪な性格はしてないと思いますけど(笑)

エピックな感じはいつものよーにやりつつも、すごいシンプルに作りたいなーと思って。感じはずいぶん違うけどsurfaceのテレビCMでやってるみたいなあんな感じ。そういうのを自分なりにやってみたら、これでもこってりしてますかね。

そういえば、最近になって気がついたんですけどYouTubeとかで髭剃りとかのCMが流れるじゃないすか?ああいうのって曲がずいぶんとエピックな感じですよね。なんでだろう?金属感あるからなんかな?金属感www

むかし、カールマローンっていうバスケの選手いたんですけど、アゴヒゲがこう、鉄っぽくてですね。

かっこよかったんですよ。あだ名はポストマン。「確実にゴールにボールを届けて投函するから」なんだって。

こういうセンスはいったいどこからくるのか?と思うわけです。アメリカ人にとって郵便屋さんってどんなだ?っていう。かっこいい職人って感じなのかしら?

やっぱ職人、ってのを極めるのもカッコイイな!マエストロだもんな!マイスターだもんな!

そういえば小室さんがこんなことを言っていましたよ。

 

前後のことを見ますとハイレゾにまつわる事などで思うところがあったのではないかなー?と思うんですけれど、音楽やる人って多分…シャイですよね?(笑)僕だけですかね。

けれども、かつてヨーロッパではこういう事があったはずっすね。マイスタージンガーっつってギルドでもらえる称号なんだって。この称号は今では無くなってしまいましたけれど、なんかいいですよね。マイスタージンガー。今の音楽家は超苦手そうwww

何れにしても職人さんも「カッコイイな」と思うわけです。でも単に職人とかだとつまんないんで、後ろに手を回してポップコーンをシャッと投げるシアトルのジジイみたいな職人になりたいなー。あの人まだいるんか?ピザを投げるとか。なんだったらケーキを顔面にめがけて投げるとかですね(ありゃ職人芸やwww慢性的な肩の痛みを訴えてたとか言ってウルトラ面白いんですけどwww)

で、最終的には「はわい庵」っていう、うどん屋さんを設立するっていう。いいすね、そういうのもね!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.