NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

YouTubeミュージックライブラリに作家として参加できるかどうかを探ってみたwwwww

更新日:

こんばんわー。年末ですなー。しばらくのんびり音楽を作るかなんかしようと思いますが、明日は仲間内の忘年会っていうかパーティーですね。のんびりとDJしようと思います。

今日はいきなり本題ですよ。

Jamendoでいろんなことをフリーにして配信してみたらこんな動画作られてました

昨日作った曲が次の日こんな動画に乗っけられてアップされてました。ワイセツではないですが、YouTubeにのっかる程度のちょいとセクシーな動画なので、苦手な人は回避したってください。(とはいってもEDMのMVの方が随分だと思うが)

なんだこの無駄にシンクロしてる感じwwww

リンクとかあるけど、なんかそういうソフトなのかwwww

こういう技術だとしたら日本人が好きそうだけどなあwwww

ともかく若干びっくりしました。びっくりしたのはセクシー系だからではなくて「はやっ」って思ったのと…

動画のタイトルが僕のアーティスト名と曲のタイトルになってるんです。商品を売る気もなければ検索される気もない動画じゃんか!っていう。

なんでこんなことすんだろ?

なんでこんなことするんだろうと思ったら、動画の詳細にCCライセンスって載ってた

By: Bart Everson

最初は「あ、これ広告かなんかにするつもりなのかな?通るかどうかわかんないけど」と思ったんですけど、どうもそういうことでもないみたい。

動画の下の方を見てみたらクリエイティブコモンズライセンスになってたのです。つまりこの動画自体を自由に使っていいってことね。

って事は動画エディタを使えば音だけ持ってくることは可能なはずです。

その時どういうクレジットになるのかな?多分、別のクレジットにするんじゃないかね?んー。タイトルをクレジットしてくれるんなら名を売ることはできないこともないが…リンクなかったら意味ないし。かといってCCコモンズのライセンス違反にもなってなくて申し立てもできないんだよな。

ただ僕はこんくらいのセクシー系に使用されるのは問題ないと思ってますんで、しばらく様子を見てみようと思います。もともと色々フリーで配布していますからね。

んー。CCライセンスも紳士協定すぎてわけわからんなー。

そういうことならYouTube標準のミュージックライブラリに参加したる事にしたwwwww

By: Maurits Knook

さて、こっからが本当の本題です。以上のことを踏まえて「そうか、そういうことかいな。そんなら自分もCCコンテンツを直接YouTubeにアップしたほうが楽しいんじゃなかろうか?」って思ったので「明日かなんか作る曲は動画にしてアップしてみようかな?」と考えたんですが…

めんどくさいし、そんならYouTubeのミュージックライブラリに登録したら手っ取り早いんじゃねえの?

って思いました。

ところがどうやって参加するかわかんないのでググってみることに

By: Tomas de Aquino

YouTubeのミュージックライブラリって動画管理画面から超カジュアルな感じでアクセスできますけど曲のアップとかはできないんですよな。そりゃそうだって気もします。そりゃそうだわなあ、違法なやつとかビシバシ出てきそうだもんな。

なので、普通にYouTube界隈をグリグリ動いてたら「どうやって参加するのか?」ってのは永遠にわかんないので、YouTubeのボスみたいなもんである(?)Googleにお伺いをたてるのがいいんですな。

調べてみたら、以下のようなことがわかりました。

  1. YouTubeチームが各所に声をかけている
  2. ハリウッドとかのプロデューサーとか声かけたりしてる
  3. しかし「自分の曲を使っていいよ」ってんならDockから問い合わせてほしい

え、まじすか?(3番目)もうそりゃ、力いっぱい問い合わせしてみますけど!

で、わかったのが以下のページ。

https://docs.google.com/forms/d/1kjyiA-bQUMCpGraLI1-z2ey941pmsyYMAkoqUzVEKTA/viewform?fbzx=-1764713348614024409

そこに連絡用のメアドと肩書きと音が聴けるURLかなんかを記述すればいいだけってなってました。

なんで、問い合わせておきましたwwww

というわけで返事を待ってみることにしました。実は報酬もあるそうなんでこれに通っちゃったらかなり楽かもしれませんねー。ただ、動画に広告とか出るようになるから意外と使いづらいかもしれないっすよ?

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.