NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ドラクエ5(iPhoneリメイク版)やってたらメチャクチャ面白いシーンに出くわした件(ネタバレあり)

更新日:

今日2014年1月3日は土曜日です。土曜日です。明後日出社です。

そんなわけなんですが、今日は貴重な休日を3度寝からスタート。とにかく布団から出られずキツイキツイ。なんでこんなにキツイんか?ってくらい眠くて午後になってからようやく布団から這いずり出てくる始末。家で曲作ってただけなんですけど、なにかくたびれてたんでしょうか?休日ですからね休めたからいいかな?と。

そんなわけなんで、今日はまたしても「特になんも起こらず」という1日で「何を書こう?」ってなってたんですけど、1日の最後の最後で超面白いもんに出くわしてしまいました。

ブオーンが復活するっていうんで、ほこら見に行って爆笑

ドラクエ5の超強い敵で「ブオーン」ってやつがいるんですけど、とある村の北西の島に魔法でツボの中に封じ込められていたんですね。

で、どうもそいつが復活しそうだ、と。ツボが真っ赤になってたらヤバいから見てきてくんねーか?と。そんな風に村のえらい人に言われるんです。

こちとら「コイツやっつけたら、いいものもらえるwwwww(カギ)」って思ってますので、喜び勇んで行きますよね。

で、カギかなんかが手に入るのはわかっているのだけども細部についてはよく覚えていないわけです。ただ「ブオーンってやつはメチャクチャ強いし、やっつけるとカギがもらえる」って事くらいしか覚えてないわけです。

そんな心境でツボを見に行ったらこんなんなってるんだもん。

https://twitter.com/nakanosyun/status/551404786210205697

これはワロタwwwww

いや、なんかテンションがいい具合になってたんでしょうか?クッソワロタwwwww

全然怖そうじゃないんだもんwwwwww

実はこの画面。iPhone版の特性をよく活かした演出になったようです

ドラクエがテレビゲームだった時代。画面は横長でした。なので、この螺旋階段は「ひたすらグルグルグルグル回る」っていう印象が強かったです。で、だんだん見えてくるような感じだったはずなんですよね。確か。確かそうだったと思うんです。

そしたらiPhone版でこんなだもんwwwww

うわっ!見るからに真っ赤だし見るからにおもしれえええええええwwwww

笑いを押し殺しながら一応下まで下っていく感じwwww

あるいは「うわっ!真っ赤だし!」って一目散に逃げてく感じwwww

ってなるの僕だけですかね?これ、なんだか恐ろしくシュールな画面のように見えるんですけど。

いや、だってなんか変じゃん!?

すんごい魔物が封じ込められてるのにツボあんなだぜ!?wwwww

ってなりましたので、これ書いてる間もニヤニヤしていたりします。これは面白いなあ。なんだかおもしろいなあ。

直前に立ち寄るエルヘブンっていう村も縦長になったことで「うわっ天空感バリバリ!」って思えたりするんですが、このブオーンの演出については「地下の奥深くに何かちっとも怖そうじゃない変なもんが真っ赤になってる」っていう感が強くなったような気がしていて…

再生装置次第でいろんな事が変わってくるよなあ、って思いました。縦長になってるのにドラクエ感が損なわれないバランスってのも非常に良くできていますよね。

いやー、なんかしらんがクッソワロタwwww僕だけですかね?

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.