NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

なんか突然ダブステップのかっこいい作り方わかったような気がした件

投稿日:

というわけで日も開けて今日から出勤でございますな。ちょいと眠ったらもう出勤っすね。連休中は結構音楽作ることができたんでよかったなー、と思っています。

けども「明日からもうちょっと芳しいものを出していかなきゃなあ」とも、なんとなく思った次第。なにせ作ってる音楽のタイプが「だいたいどこでもやれないことはない音楽」なのですし、ライブパフォーマンスであっちこっち行くわけでもない。幾つかやることがあったら腰を落ち着けてやれるようなご時世だったりするので(それじゃいかんのですけどね)そりゃしっかりやらなきゃアカんでしょ。って気分ですかね。

去年はとにかく「作曲の基礎心肺機能を強化する年」になったので、あとはさらなるアイデアを高めていきたいところ。

個人的には「やっぱり演奏なんだと思うんだけどね」って感じなんですが。

では表題の件についてですね。

なんとか一皮むけようと動画パフォーマンスの準備をしてみたら…

そんなわけで「何かしら一皮むけたいなあ」と思ったので色々見てたんです。

ダブステップとかのパフォーマンス動画でこういうのあるじゃないですか?

https://www.youtube.com/watch?v=XlMDf5u4ATQ

いやー、これはかっこいいすなあ。マッシュアップとかねabletonのクリップに仕込んでおくとやりやすいのは、ここ数日のDJの仕込みで分かったことなんですけど…

これやってみたいじゃないすか?ビカビカ光ってかっこいいし!

何より、なんかすごい目立ちそうな気がする!いっぱいいるからすごい目立つってこともないと思うんですけども、曲を流すよりはいいかな?と。

で、動画撮影してないんですが、ひとまずabletonのクリップを仕込んで鍵盤でやってみたんですけど。

「あ、こうやるのか」っていう。

これまでダブステップ作ってたりもしたんですけども、なんかようやくダブステップの作り方が解ったような気がしますなあ…んー。あのね、ちょっと難しく考えすぎてましたね。もっと考え方はシンプルなのでございます。

実際はミスから面白いアイデアが生まれたりもするジャンルだと思うんで、これちょっとやってみようと思います。こんなにうまくできるかどうかわかんないですけど(笑)こういうのを元にトラックを作ってってみようかな、と。

で、これをやるにあたって解決しなきゃいかん問題は…

空間とかスペースだったりするんで、やっぱそういうところからなのかなあ、と思いましたよ。今年はもっとかっこいいの作るぞう。

明日から出勤なんですけども。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.