NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

abletonでのDJのやり方を考えてて「そうか!マッシュアップか!」と思って、これやったという話

投稿日:

ここのところずーっとabletonでDJやる方法っていうのを考えていてPushをつないでみたり動画を見たりしていました。

特に動画はね、abletonでPushとかLaunchPadですとサンプラーの演奏によるマッシュアップが沢山あるんですよ。これはDJプレイとは言わないんですけど…んーどうでしょうね?PCDJってのがありますから、もしかしたら、こういうのも選曲なのかもしんないっすねえ。クロスフェーダーかくかくするのと一緒みたいなね。組み合わせの妙があったりもしますしね。

そういうことを考えてたら「そうか、マッシュアップだ」っていう風になったのでこんなことをやってみました。

A HUNDRED SUNSが本当にいいのでDJセットに組み込みたくてリミックスというかマッシュアップしてみました

この曲聴いてたら「夜明けを待ってるんだ」っていうのが出てくるじゃないですか。何かすごくいいなあって思って。だから絶対DJでかけたいと思ったんです。最近やれてないですが出来ればダンスフロアで。

このまんまかけても全然いいと思うんですけど、すでに販売されているトラックの上にキックとかベースとかシンセを乗っけていきました。BPMを128にしたかったからなのです。

原曲はBPM135くらいなのですかね。そのBPMで聴かないとなんだかしっくりしなかったりしたのです。

僕はBPM128くらいでやるので「それならそういう曲にしたほうがいいのではないのかな?」と思ったりしたのです。abletonでテンポ下げるとやっぱりなんか変だなー、ってなっちゃうところがありまして。

で、こんな風になりかかっています。

https://vine.co/v/OdLPz0B2Qtx

実際はギターがギャンギャンなっているので、元のトラックをなくしてしまうとスカスカだったりします。実際に作るときには、倍音たっぷりのギターの代わりになるようなサウンドを適切に入れなければならないなー、と思ったりするんですが…ええと…

リミックスコンテストやらないかなあ!

過去2回選外だったので「今度こそ!」って気持ちも、もちろんありますが、歌を聴きながら色々としていくと、本当に胸が熱くなるんです。なんでだろう。去年はたくさん音楽を作りましたけど、そういう気分になることはあまりなかったと思います。やっぱり特別かなあ?と思ったりします。この曲はどうしてもDJセットに入れたいのです。

DJプレイでそのまんまかけても、なんか「じーん」ときますから。連続して音楽を再生するのって本当に面白いです。

で、リミックスコンテストとかなかったら素材とかはありませんから(そりゃそうだ)僕はこの曲をスギウラムのリミックスで聞いてみたいんです。自分で原曲に幾つか付け足して行って、ギターのところ聴いてたら「ああー」ってなって。なんかこれスギウラムのフロア向け仕様でかかったら泣いちゃうかもしんない(笑)

とにかくこれ、自分なりにDJセットに組み込みたいです。2ミックスだけだと色々と難しいですが、チョイチョイ作業をしてセットに組み込んでみたいと思います。鳴り方が平気そうだったら是非どこかで使いたいです。でも基本的には「原曲の感じをキープしつつ」って思ってるんです。

今日はそういう感じでした!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.