NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ableton純正?のモジュラーシンセを導入していじったった

更新日:

土曜日はツキイチのパーティーで2回くらいDJやったんですけど、飲んだし、長時間やったし、誰もいなくなったりしたし(笑)飲んだしっていう具合でしたので、翌日くたーっとしてました。週明けはキツイかと思ったら案外そうでもなく1日をすごしましたよ。

しかしなんですね。誰もいなくなっても音楽かけるの超楽しいっすねwwwwwいや、泣いてるんですけど、好きに音楽聴いてていいので楽しいなーと思いました。

明日にはブンブンのアルバム届くはずだし、楽しみだぞー!がっつり聞いてリミックスや!

M4Lを使ったabletonのモジュラーシンセがめちゃくちゃ面白いぞ

By: Tom Whitwell

むかーしリアクターっていうモジュラー型のソフトにサンプルとかを入れまくってライブをやった時期があるんですけど(実はiPodも一緒に置いてましたがコンピューターに通してました)その頃はシンセサイズで使おうと思ってなかったんですね。あくまでもサンプルを変な感じに再生して変な感じに鳴らすっていうやりかたで。

で、唐突に現在に行くんですけど…

最近のソフトシンセってだいたい「モジュラーっぽい」と思うのです。

普通、シンセって横一列で音作りをするんです。えーと超シンプルでいいならこんな感じか?

音が出るところ→ミキサー→音の過剰な成分を削るところ→音のなり方(時間)を決めるところ→エフェクター

みたいな。各箇所にそれぞれの役割が備わっていたりします。けども、その順番だけはなかなか変更することができないんですね。イチゴのジャムパンを工場で作ってるときに「ジャムより先にマーガリンを塗ってみよう」とか急に思いついてもできなかったりするのですな。

しかし、現代のソフトシンセはこれがもうちょっとだけ柔軟なんです。「よーし、ここにコレをやるぞー」っていうのができるようになってたりするんですね。これはソフトならではかもしれないですね。(ほんとはそこまで柔軟じゃないんだけど)

ただしそれでも、不自由なところがあるんですよ。「マーガリンを足の裏に塗ってシャーっと滑りながらジャムを塗ってみよう」とかできないんです。

例えが無茶苦茶すぎますが「じゃあジャムとパンとマーガリンとか揃えておくから好きにやってみろ!」ってのがモジュラー型のシンセサイザーってやつです…かね?なんか違うような気もするんですけど(笑)

で、ableton LIVEにM4Lってのがあるんですけど、M4Lっていうのはプログラミングソフトみたいなもんで「じゃあジャムの原産イチゴから育ててみよう」ってのに近いことができたりするんです。けれども、そこまでやるとメチャクチャ大変なんで、ある程度シンセサイザーに近いものを用意してくれていると非常にやりやすいわけです。

すんげえ説明が長くなったんですが、そういうM4Lのパッチが発売されました!ってことですね。

これ、めちゃくちゃ面白いです。

名前はMax for CatsのOSCiLLOTっていうやつ

見出しの中にリンクを貼っておいたので、興味のある方はぜひぜひ見てみてください。

で、どんな感じかっていうとこんな感じ。

https://twitter.com/nakanosyun/status/561890662719569920

なんで「モジュレーションおじさん」って言ってるか自分でもわかんないんですけど(笑)。ひとまずこういうことが出来ます。結構エグい。フィルターとかもフォルマント系とかがあって結構エグい。

もうこんなですよ。

https://twitter.com/nakanosyun/status/562220557379182593

グロウルベースがいきなりビューン!系のリードになったり…

https://twitter.com/nakanosyun/status/562229791185567745

こんなSEになったりしますな。おもしれー!!!!

で、これらを幾つか組み合わせてMASSIVEなんかも混ぜて作ったのがこんな感じ。

https://soundcloud.com/nakano-syun/j52jvnbkbafx

ちょっとギョリギョリ系のやつでブログのネタ的につくってみたんですけども、結構面白くなるんじゃないでしょうか?

というわけで。

これ、いじってること自体が面白いのでガンガン使ってヘンテコな音をギョリギョリさせたろうと思いますよ!おもしれえええええ!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.