NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ableton LIVE BGM

一応作家でもあるので音楽制作を本格的に再開したいところ

投稿日:

なんとなくパーティーする事、DJする事が落ち着いてきたので「少し音楽制作の方に軸足をきちんと置かないといけないな」と思い、一昨日あたりから手を動かすっていう事を再開し始めています。今年に入ってからそういうモードになる時期もあったのですが、なかなか長続きしなかったので続けていきたいところです。一時期はずっとやっていたことだからねえ。

もちろんパーティー参加も今後続けて行きます。これは作曲とかとは全然違う行為。

2つほどの小品が出来てきたのでSoundCloudにアップしてみました。

僕は曲のタイトルを考えるのがひどく苦手なので、本当に酷いもんですが(笑)まあいいんじゃないかな?

上記2曲はBGM的な用途に寄ったものですが、ダンストラックとして機能するものも制作を進めてみたりしています。そういうのもどこかでまとめて「しかるべき形」で発表して行きたいと思っています。

BGM用途のものについては販売を前提に考えたいので「どこに出すか?」みたいなものは重要かもしれません。SoundCloudに置いてあるだけだと再生すらされなかったりしますし。

興味を持ってもらうためには、曲の説明やアートワークをしっかりするとか、PRをガンガンやった方がいいんだと思うんですが、まずは音楽を形にしていこうと思います。再生してもらうのって本当に難しい。まずは良し悪しの判断をしてもらえるところまでチカラを戻して行きたいところです。

BGMについては昨今のPR動画などの動向を見ていると「海外サイトで販売した方がいいんじゃないかな?」と思いますので、良いサービスとかサイトを探しているところ。値段次第では買い取り制のところでもいいんじゃないかな?って思っています。PRにもなるかもしれないですしね。今考えているところは「とりあえず2曲用意してみてくれ」という風になっているっぽいので、準備はできたのではないかな?と。ど、どうなるかな?(笑)

その他にも曲のあり方次第では「やってみたい発表の仕方」っていうのがあって、それは今年に入ってやってみたいと思った事なので、そちらも継続して模索して行きたいところ。

今現在、制作での悩みは「モニターをどうしたらいいか?」っていうところ。多分ヘッドホンが今は一番楽チンみたい。最終的にTD-M1でチェックしています。ヘッドホンでまとめると音像が地味になるんですが、そういうヘッドホンなんでしょうか?(笑)

でもまあ、平均化するっていう点ではこのやり方を続けていいような気もします。今は音圧を目一杯入れるとかも考えてないですし。

ともかく、ちょっと続けてみましょう。パーティーやDJもよろしくお願いします!

 

-ableton LIVE, BGM

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.