NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ブンブンサテライツの「多分最後になるサイン会」に行ってきたよ!

投稿日:

今日はブンブンサテライツの「バンドとしてはおそらく最後の作品」になるであろう「FRONT CHAPTER-THE FINAL SESSION-LAY YOUR HANDS ON ME SPECIAL LIVE」の発売を記念したトーク&サイン会に行ってきました。

久しぶりの代官山だったので、直前に昼ごはんをユナイスで食べたりもして。お店のスタッフは大変に良い雰囲気を作っていたのですが、座った席がたまたま良くなくて謎のイラつきを覚えたりもしました(笑)。でもそのイラつきはむしろ僕のマナー違反のような気もするからご愛嬌。話が聞こえて来ちゃっただけなんすけど。

でも、代官山の芦屋書店に到着するとそんなの妙な気分も吹き飛んじゃいました。

プロダクトがいっぱい並んだ場所に来ること自体がとても久しぶりの事だったので楽しくなってしまったんですよね。

僕はもう、この世に出ているコンテンツの殆どを配信とかダウンロードで済ませてしまってるクズなんですが、やはり「手にとって触れるものに囲まれる」というのは心地の良いことです。フィジカルなプロダクトを作る際には愛情と手間をたっぷり注ぎ込むブンブンサテライツにとってはロケーション含めて相応しい場所だったのかもしれないですね。

そんな場所でゆったりとトークショーが始まったのですが、とても春らしい素敵な時間を過ごすことができました。

シリアスにならざるを得ない状況の多かったバンドでしたが、今日は笑い話ばっかり。やはり楽しいことの方が多かったのだな、と思えたのはファンとしては嬉しい限り。

また、その笑い話の内容っていうのは、何かを続けていく上でとても大切なことばかりだったりすると思います。音楽を作る上でもとても大事かな?楽しいから続けられるという事ではなくて…まあいいや。あんまり説明するとヤボなんで、こんくらいにしときます。バンドがどのように育って行ったのかがよくわかるお話ばかりでした。

トークショウが終わった後はサイン会。整理券のある人だけが参加できるというやつ。僕は整理券を入手する事が出来なかったので、その様子をなんとなく遠巻きに眺めていました。

その時にようやくわかっちゃったんですよね。「ああ、これはブンブンサテライツとしては、ひとまず最後のコミュニケーションだ」と。中野さんご本人はこれからもブンブンサテライツであるつもりでいるそうなのですが、まあ、何言ってもこれが最後ですよ。多分。

その最後の様子に僕らは立ち会っていたわけです。その事に急に気がついちゃった。

多分みんなそう思っただろうから、サインもらった人も帰りませんでしたよね。最後まで名残惜しくその場に留まっていて。僕あんまりこういうの行かないから普通はどんな雰囲気かわかんないけど。

全てのサインが済んだ後、中野さんから一言あって、みんなで拍手して春らしい清々しい雰囲気でイベント終了。本当にかけがえのない1日になりました。本当にお疲れ様でした。今後の作品や活動に期待をしています。

うん。

なんかそれ以外に書けることとか特にないっすな(笑)かけがえのないものが増えたとしか言いようがない感じ。そんな時間。

特にオチのない文章にはなりましたが、今日、個人的に考えてたのは「チャンスがあったらリミックス参加の事を一言だけでも言ってみよう」という事。結局モチロン出来なかった。すごい近くに近づいたりもしたんですが、ルール違反になっちゃうし。というかさ、今日そんな事言ってもなあ?

でも、音楽を聴かせたり、作ったりしてるうちはノーチャンスではないんですよね。可能性ってのはあるんじゃねえかな?と。

なので、真人間妖怪とかいうふざけたペンネームでなくナカノとしてback on my feetですよ(笑)目標にはし続けたい。というか、その方が目標にし続ける事が出来ると思うし。ここ最近は「自分が音楽家であり作家である事」というのを思い出さなければならない、知らしめなければならない、とか強く思い始めちゃってた時期でもあったから、タイムリーでもあったのかな。

うん。ともかく「かけがえのない思い出」がまた1つ増えました。今日は代官山まで足を運んで本当に良かったです。

そんで、これから渋谷でオールナイトなんですが、DJやります。

そして、ブンブンサテライツにもレアな音源が存在してたりもします。そんなにレアでもないのかな?かなりいい曲なんですが結構忘れられがちなやつ。そんな曲も今日は持ってきてあります。

DJって雰囲気次第なので、それを聴かせたい感じになるかどうかは全然わかんないですが、そういったお品書きも用意しつつ、本日(2018年3月17日現在)渋谷のディメンションでお待ちしています。基本的にはハードめなミニマルやります。

今日得られたかけがえのない感じのものがプレイにも出てくると思うので、お集まりいただければ、ぜひとも乾杯をしたいです。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.