NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

DJ DJ情報

バタフライエフェクトVol.13のお礼とSpotifyでDJすることについて

投稿日:

Butterfly Effect Vol.13お疲れ様でした!BTE13って表記するといい感じみたいですね。ともかく13回もできているのは皆様のおかげ。これまでDJしてくれたみんなや今回はやれなかった人もそうです。感謝しかなく、さらにハッピーな場所にするべく今後も頑張っていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

昨夜は・・・初回以来に近いくらい盛り上がれた夜でして、他店のオーナー様ですとかお店のマスターをやっている人まで遊びに来てくれて「お店同士の繋がりみたいなものも強まっていく場所にできたらいいな」とか、そう言う欲まで出て来ちゃったりもして(笑)競争もあるし、DJやってても「あ、なんか被っちゃったね(笑)」みたいなことは沢山あるけれど、地域として連帯していくことはやっぱり大事ですから。みんなで盛り上がって行きたいと思っています。

本当にいろんな人とお話ししたり踊ったりしました。パーティーに遊びにきてくれたことは当然嬉しくて、ありがたいことなのですが、こんなに楽しい素敵な人たちがこの世には沢山いて、そういう人と出会えたことは自分にとっての誇りだなあ、と思えたりします。パーティーがうまくいったからとかそういうんじゃなくて・・・わかってもらえるといいなと思います。一生物の財産になるといいねえ。

Butterfly Effectはパーティーの終わり間際になると外国人のお客さんが来店する傾向が強く、大なり小なりの人数で少ない場合もあるのですが、せっかく東京に来ているのならいい思い出を提供できたなら・・・とパフォーマーの端くれとしては思うわけで、そう言う状況になったら僕はブースに入ります。ギリギリまでプレイをして踊ってもらっています。ちなみに昨夜はアメージング!言ってくれてお酒おごってもらえました(笑)。たまには自慢をしてみてもいいのでは(笑)。あ、それと・・・ひとしきりテクノとかハウスっぽいプレイを終えて閉店モードにした状態で店内BGMみたいにブルーノマーズとかロードとかチャイルディッシュガンビーノとかかけてみたら、こういうのも普通に喜んでくれるみたい。単にそう言うのかけるだけだと、そこまで喜んでくれることはないと思うので本編のプレイを特に大事にしたいところです。

と、そう言う状況が多いパーティーなので、パーティー後にメンバー全員で集合写真を撮ることが出来ないみたいな事ばっかりになっちゃってる(笑)。

パーティーの写真がいま殆ど手元にないのがちょっと残念ではありますが、「パーティーの雰囲気を伝える作業」というのもとても大切なことだから、今後はしっかりやって行きたいところです。

写真についてはずっと言っている事案だけれど、より良くするための課題のひとつだと思っています。

ちょっと今日は自慢っぽい話が多くなりましたが(笑)たまにはいいっすよね。

ちなみにそのあとは神田のエクストラヴェルトでのんびりお酒飲んだり音楽を楽しんだりしました。とても楽しかったですぞ。青山辺りまで少し歩いてからならば、タクっても大したことないので、何人かで行けばすごい楽勝かもね。僕がよく遊ぶ場所という点ならディメンションもありますしね。案外、下町?の方まで含めて「地域」と言えるのかもしれません。

とここまで書いて、本日はもう一つの本題。

Djay Pro2のHIDモードでSpotifyの音源をプレイすることについて

昨日もいつもの通りオープナーをつとめたので「せっかくだからトライしてみるか」ということで、Djay Pro2をNEXUSにつないでSpotifyの曲をプレイすると言うのをやってみました。オールジャンルのパーティーでは何度かやっているんですが、テクノやハウスのプレイでやったのはこれが初めて。

一番気になるのは音質の問題なんですが・・・「そんなに」問題ないように思えました。これなら大丈夫かな?っていう感じ。

けれども、最後に1曲だけ普通にトラックスソースとかで購入した曲をプレイしてみたら「うーん。やっぱりストリーミングだと、何なんだかわからないけど、何かが足りない感じがする」と思っちゃったりしたので、出来ることなら曲は買ったほうがいいなと思います。Spotifyで再生する場合でも、おそらく一回ダウンロードしているはずなのでどうしてだろ?

次に機会があったら全くおんなじ曲を再生して聴き比べをしてみたいと思います。どうしよう。全然違いを感じられなかったら。

結果としては「とりあえずSpotifyで結構いける」っていうのがわかった事、ですかね。できれば買ったほうがいいと思うんですけどね。

機能として面白かったことと注意すべき点

Djay Pro2をHIDモードで使う場合で面白かったのは、曲の再生中でもドロップニードルが使える事でした。これはすごい便利。レコードみたい。試聴したり頭出しするのにすごい重宝する。これはすごくよかった。こういう事ができるのであれば正規の音源でもこれでプレイしてみたいと思っちゃう。Spotifyも正規の音源ですが。

注意しなきゃいけない点としては「NEXUSのマスターボタンを押さない事」でした。USBメモリを使ってプレイしている感覚とはちょっと違うことには留意。なぜならDjay Pro2にはマスターBPMという概念がないからです。

だから、Djay Proの場合はNEXUSのマスターボタンを押すといきなり曲のオリジナルBPMになっちゃうみたいなのね。そしてそのままもう一つのデッキもシンクするという。125から122くらいまで下がっちゃうとか。僕はDJやるときに一定のBPMで進める事はまずないんですが、BPMが一気に変化するとそれはおかしなことなので(笑)「マスターボタンは押さないこと」には注意した方が良さそうです。

っていうか、シンクさせたいならシンクボタンを押せばいいだけ。すごい簡単。これでバッチリ。なんならシンクボタンを押しただけで再生も始めてくれます。注意する点はそれくらいかな?あとはめっちゃ快適だわ。

以上、そういう感じでした!今後はパーティーでさらにガンガン使ってみようと思います。

-DJ, DJ情報

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.