NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

缶コーヒーを1年でどれくらい飲んでるのか考えてたら、生き方を考えるハメにwwww

投稿日:

先日のこと。

雑談をしていたら「Amazonの缶コーヒーまとめ買い安そう」という話を聞いたのがキッカケで「自分が1年でどれくらい缶コーヒーにお金をかけちゃってるのか?」っていうのを概ねな感じで出すべく、計算機を叩いてみたら・・・

毎日の晩酌で飲むビールよりもお金がかかってる事に気が付いてしまったので「習慣を変えねば!」なんて思ったりしてます。(クラブとか飲み会で飲むのはまた別と考えてますけれど)

しかしまあ、ほんと安い。Amazonのまとめ買い。

こんなのを見てると「これ、買って売ったらどうだろう?」みたいなことを考えたくもなるってもんです。

そのまんま売ったらば。どうにもつまらんので、ひとまずポッドかなんかに全部入れるでしょうね。ためておきます。そして紙コップか何かに注いで販売するのでしょう。すごいざっくりですが単価10円くらいにして80円とかで売ればいいんじゃないかな?みたいな(いやまあ、この辺はよくわかんないけどw)。

でも、それでもまだつまらない。なんか飲料水を提供してるだけって感じ。

付加価値をつけたくもなる。

場所とかシュチュエーションを考えるかな?

いや、それよか品物そのものに価値をつけたほうがいいのでは?

原価がクソみたいに安い缶コーヒーなので、ほんの少しだけ値段を上げて、クリームみたいなのを色々混ぜたりデコレーションしたりして楽しめるようにしよう!

・・・みたいなのを推し進めて、なおかつ「コーヒーの味を楽しむために店内は禁煙にする」とかしてブランディングすると、かの有名なスタバが発生するんだと思うんですが(笑)これはこれでいいのだろうと思います。たくさんの人に喜ばれそうだし。

でも、自分が本気でやるんだったら・・・「普通の良いコーヒーを、ちょっと奮発していただいてお出ししたいな」って思ったりします。これも間違いではないと思う。しかしこれはどうだろうかな・・・うーむ。

なんだか人前でDJとかパーティーっていうのをしっかりやりはじめてみると「そこそこだけど」こういうことを考えるクセが付いてくるような気がします。ライブを好んでやってた時はなんかもうちょっと違ってたような気がする。ライブの人ももちろん考えるのでしょうけれど、僕はDJやり始めて考えることが多くなりました。

で、こういうことを考えることって生き方みたいな事に繋がるんだと思うんだよな。「お前、価値の提供者として、生産する側の人間として、どういう気持ちで商品提供して、どういう風に満足していただくの?」っていう。もちろん生産者は奴隷ではないから自分の満足も大切ですけれど。

そんなことも考えたりしましたが、アジフライエフェクトは週明けの月曜日でござった(汗)。

今回はDJ多め。どっちかっていうとDJ同士の飲み会からスタートするタイプのパーティーではありますが、今後に繋げられたらいいなと思います。知らない人が入ってきても、みんな新しい繋がりに飢えてるから(笑)すごく楽しめる空間になると思います。いわゆる一見さんもぜひ。

ぜひチェックして遊びにきてください!画像をクリックするとFacebookイベントページにリンクしてあるお!

 

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.