NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

BOOTCAMPでFL STUDIOを動かしてみた結果

投稿日:

昨日までのオシゴトで若干お疲れモード。朝起きたらフラフラ咲きました。カラカラ…鳴きませんでしたけど(笑)

で、昨日Windows8が自宅に届いたのでマウスが必要だったのでマウスを見に。結果的に「省スペースだからいいんじゃなかろうか?」って思ってトラックボール型のにしたんですけど、家にあった900円くらいのすっごい機能のないちっちゃなマウスがいいな!って感じで使っています(ええ…)

本丸はFL STUDIOをバリバリ動かすこと。

音源の設定などもしなければならないので随分とくじけそうになりましたが「何のために身銭を切ったのか!?」って思ったので、アレコレして、ようやく音を出せるような状態にしてやってみたのがコレ。

http://youtu.be/U4YreieEHvU

おお、そうだ。ビジュアライザーがついてるんだった。これFLの操作中壁紙にも出来るので「ヒャー!」ってなりました。

やっぱりFLは面白いですね。

まだまだ全然使いこなせてる感じではないんですけども(特にサイドチェイン的なダッキングは一切できてない)。

イデアが普通に音楽作るそれとは全然違ってきますねえ。このオモチャっぽさはすごくいいと思うんです。

ここまで覚えてきた事とか、ある意味ではリセットされちゃうような作り方するしね。立ち上げたらいきなりマスタートラックにマキシマイザーが挿してあるしね。つまりレベルとか気にしないで、よく聞こえるように作るだけ、っていう。

まだまだ良く聞こえるようには作れてないですが。

めちゃくちゃ面白い道具だと思いました。前にもちょっと使って一曲作ったんですが、面白いですね。いい意味で音楽的ではないような、音楽的なような。発想が普通のDAWとは違ってくるような。これを好むクリエイターさんが多いのもわかるような気がします。ヘンテコな事が起こりやすい感じ。

恐らく、時期バージョンではMacでも移植されることになるのでしょう。

Windowsの基本機能に即して作られているので、Macでどのようになるのか未知数ですが、とりあえず打ち込みはやりやすいです。割とやりやすいです。個人的には「以外とフレーズを大切にする打ち込み方になるなあ」と思いました。

もう、移植を熱烈希望ですね。しばらくはWindowsでいじってみようと思いますよ。というかアップルはむしろ出資なり手助けするべきだろ!ってソフトなんですけどね。

リミックスも1曲これでやってみたいです。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.