NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ableton LIVE

ableton Pushって僕にはオーバースペックな機材だと思ってたけど、LIVE10で随分楽しい機材に変化してた件

投稿日:

帯に短し襷に長し、っていう感じだったんですけどね。LIVE10でPUSHが随分と面白くなってた。

僕はPUSH2は持ってなくて、初代PUSHユーザーなんですが「それでもLIVE10のメロディックステップシーケンサーは使える」という話をどこかで見聞きしたので、前回挫折したソレをやってみることにしました。

結果としては初代PUSHの場合NOTEボタンを2回押すと新たなメロディックシーケンサーが登場しました。ちゃんと使えましたよー。

本当は手元とかの作業をお見せしつつ曲になっていく過程を丸出しにできたら案外面白かろうと思うんですが、そういうカメラとかがないんすよー。なので成果物だけでも。

あんまりかっこよくないですが、ノイジーなパッドを選んで、メロディックステップシーケンサーでコード進行らしきものを打ちこんでみました。これはコード探るのには確かに結構便利かもしれない。シーケンス作るのも結構面白いですね。

でもなー!便利かもしれないんだけど、それでも「なんか結局めんどくさい」って感じたので、次はこういうのやってみました。

これは冒頭から入ってくるボイスのサンプルから作り始めました。新機能として「アレンジビューでフレーズを面白い感じでズラす機能」ってのが搭載されたのでそれを使ってみました。これまでのサンプルチョップのやり方と比べて随分おもしろかったです。昔のサンプラーでフレーズサンプルをループさせながらスタートポイントを変えたりしてたじゃないすか?アレが簡単に、なおかつ視覚的にできるようになったって感じ。これはすごく面白いです。

あとはノリでビートを打って、キャプチャして、パッドなどを入れて展開させていった感じ。展開の作り方はアレンジビューで形を作って、どんどんセッションビューに結合させてシーンを作っていきます。最終的にはリアルタイムでセッションビューを演奏します。この曲のパッドではメロディックステップシーケンサーは使っていないです。シーケンサーの再生を止めて、フリーなノリで弾いてみてキャプチャしたらそれで十分でした。この機能ホントに最高。何にも縛られてない感じがする。必要以上にカチッとしないのが新鮮。

そして本日最後にやってみたのはこんな感じ。

これもキャプチャ機能をたくさん使っています。ビートをフリーで入力してからキャプチャ。アレンジビューで形を作ってシーンに結合。そのまま展開を作っていく、前の曲と同じ手法。これも何にも縛られてない感じがあってすごく面白かったです。

要するに、フリーで演奏したものをキャプチャして形にしていくっていう方法を徹底してやってるところがあります。それが一番面白いです。フリーな演奏をするためだったらシーケンサーも止めます。そういうのをキャプチャしてくれるっていうのが本当に最高。なんか音楽を作っているというより機械をいじってるだけのような気もするんですが、楽しくて止まらん。

そんな使い方をしてるもんだから「PUSHだとオーバースペック。全ての機能必要かな?」って思っちゃうんだけど・・・・

PUSHって何かしらデバイスを選択したらパラメーターが画面に表示されるじゃないすか?それをイキナリなんもしないでもツマミでいじれるじゃないすか?簡単にオートメーションとして書き込むことができるじゃないですか?

初代PUSHだと視認性が悪くて混乱するんだけど、見やすくなったPUSH2だとどんな感じなんだろね。

うーん。ちょっと悩ましい気分にもなってきますよね。ただ「僕にはオーバースペック」なんだよなー!絶対!今は機械そのものが面白いから使ってるけど、使わなくなる可能性もあると思うタイプの機材って感じ。

誰か貸してみてくれないかな・・・良かったら買ってしまいそう(笑)。

そしてやはり、もうちょっと機能を絞りつつサイズをコンパクトにした廉価版の開発も考えてみてほしいところ。そういうくらいの機材ならば、アイデア出し機材として重宝すると思うんだけど。abletonの人と仲良くなりたいですねwwwww

-ableton LIVE

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.