NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

DJ DJ情報 音楽

好きなお店であるWhite Space Labのお話 - お店紹介第1弾?

投稿日:

今日は好きなお店の話、第一弾?

Facebook眺めてたら「小箱、中箱の身内ノリがつらい」とか、お声掛けしたお客様への対応のことについて話題になっていました。

ライブハウスでやってた頃とかもチケットノルマとかがあって「集客つらいっすね」とか言いながらやってたもんです。ライブでテクノっぽい事をやってたはずなんですけど「ナカノさんロックっぽいから」とかいうよくわかんない理由でロックバンドとブッキングされたりしてたんですけど、今にして思うと「そりゃしょうがないのかも」って感じもします。でもね、あれはね、ビッグビートっていうもののはずなの。

そういうアレコレを前提に考えてみると、僕のここ2年間くらいの話なら「黎明期のWhite Space LabでDJとかやれたりしたのは本当に良かった」っていう気持ちを強く持ったりしてます。まだまだ黎明期だと思うんですが。

あのお店のいいところは、ダンスミュージックとかダンスフロアとかに理解のある人が、当日客としてフラッと入って来やすいロケーションであり、そういうレイアウトになっている事にあります。

あの規模で当日客を割と見込めるっていうのは体験としてもすごくいいことなんじゃないかな?

そうなるとDJ自体も考えることが若干変わって来たりもします。もちろんお声がけして来ていただいたお客様を大切にしなきゃなりませんが・・・フラッと入って来たお客さんは絶対逃がさないようにしたいし、バーで飲んでもらうようにするぞ!バーで飲んだら飲んだでもういっぺんフロアに来てもらうように考えてみるぞ!

ってなるんですけど、コレが本当に楽しい。音楽にそこまでのチカラがあるかどうか?って話なんですが、僕は少しだけ音楽のチカラを信じてみたいと思っていたりします。

オールナイトをバリバリやっていた頃はその傾向が顕著だったのですが、近頃はお店とパーティー自体にソコソコお客さんが付いてきていてデイパーティーでもいい感じです。

まあ、とにかくすごい好きなスペースだったりします。

お店のロケーションとレイアウトの良さっていうのは、逆に言えば「簡単に出て行きやすいロケーションでありレイアウトである」という事でもあります。基本的には「キッカケがあればすぐにでもWOMBに行くぞ!」っていうお客さんばっかりですからシビアですよね。やって、いいプレイが出来て、いい反応が返って来たらすごく自信になると思う。

ということはさ。

地下に入るようなお店っていうのはやりようによってはめっちゃ有利なんじゃないかな?奥まったところも有利な気もして来た。

結局のところブランディングとか打ち出し方の問題なんでしょうけれど、今はSNSとかの時代で、お客さんが集客をしてくれる時代にもなっているわけで、小箱でこそ「何か面白い事をしたい」って思っています。

「週末ならココで間違い無いよね」って思ってもらえるようなパーティーを作りたいと思っています。イベントでもあるけれど、イベントにしないようにしたいところですが、まあイベントですよね(笑)。イベント感かー!んー。

White Space Labでイベントやるのオススメなので、何かやりたい人はチェックしてみてはいかがでしょ?コレで僕らのやってることが盛り上がるなら最高ですし!

http://dj-bar-space.jimdo.com

-DJ, DJ情報, 音楽

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.