NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

タイドラ打ち上がりをディメンションでやってきたぞー。

投稿日:

今日は1日お盆休みをもらってノンビリしとります。なんか都税事務所に連絡してみたりね(笑)。まさにヒルアンドンブログって感じ。

さて、昨夜はタイガー&ドラゴンの打ち上がりとエクストラヴェルトのスタッフさん?の誕生日会を兼ねたデイパーティーでDJしたり飲んだり、お金使って来たりしました(笑)。オールミックスな感じのパーティーだったんですが楽しかったですよ。今日の朝は若干頭が痛かったもんね、二日酔い気味で。シャンパン空きまくる。誕生日会だからね。打ち上がりとか面白いから、かこつけてメディ寺でもやろうよ、仁さん。

僕のDJについてはオープナーとしてのプレイだったんですけど、NEXUSの使い方で新しく覚えたことがあったので楽しくやれました。課題はあるんだけどいいプレイできたかもしれない。短かったけれどお話もキチンと作れたような気がする。

いいプレイができたような気がする日ほど、改めて反省点みたいなのを洗い出してみたり、次にやりたいことの洗い出しをしたくなるものなので、今日の午前中は「次のDJで試してみたい組み合わせ」っていうのをトライしてみていました。テーマは「ハードな感じ」っていう。

なんで、そんなんやろうと思ったのか?っていうと、こないだ久しぶりに10年くらい前のミックスCDを聞いたからなんですよ。めっちゃハードトライバルなBPMが140くらいあるようなプレイのやつ。それがすごい良かったから。すごい良かったんで「こういうのやろうかなあ?」と。

数年前にハードミニマルの流行があったような気もするんですが、それよりもっとハードな感じでやってみようかな?って。もちろんガバ(ハードスタイル)とかそういうんじゃないやつ。

で、そういうのやってみるとさ、自ずとちょっと昔の音源とか聴き始めちゃうわけですよ。クラブミュージックってとても刹那的なもので消費の早い音楽でもあるけれど、いいものっていうのは今聞いてみても良くて「やっぱり残るもんだなあ」と思った次第。

なんかそういう風に自分の部屋でちょっと昔の曲聴いてたら、今年見た映画のワンシーンをめっちゃ思い出してしまった。これ(笑)。

レントンくん、数年ぶりに自分の部屋に帰ってきて、ターンテーブルに置きっ放しになってたレコードに針を落として、見るからに滑稽な感じで踊り出すんですけど、音楽ってこういうところあるよね。音楽の本当に素敵なところのひとつなんですけど。

で、さあ!

話変わるんですけど、おいら、最近以下の順番で動画見たりしてて変な気分になってるんですよね。

①最初に見るやつ

 

②次に見るやつ

③最後に見るやつ

なんなんだこれ、人生って滑稽だよなwwwwww最高ですね。また、かかってる音楽がなあ。

なので、まだまだ頑張ってみますぞ。ある程度歳を重ねてみたほうが面白いことも確実にあるのでね。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.