NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

OZONE5使ってみたら多分マスタリング的な作業は平気そうな件wwwww

投稿日:

昨日バラードのブラッシュアップ版をアップしました。あ、ブンブンサテライツのリミックスコンテストの話なんですけど。

で、それを朝、電車の中で聴いてみたら「なんつーもんを最終稿としたんや…」っていう気分になっちゃったんですけど、そこはもう開き直り!これでいいのだ!って。

そんな気分のまま、もう一曲ををミックスしなおしてマスタリングしてアップしようと思ったんですけど…

まるで、どうにもこうにもならんのですね。

んー。って困り果てて、OZONE5のCDマスターっていうプリセットを使ってみたんですが…

なんだwwwwwwちゃんとマスタリングできないなら、ひとまずこれで聴いてもらえばいいじゃないかwwwwww

ってなったので、アップしました。

 

 

これでなら、いろんな環境で聴いてもらってひとまず大丈夫なのでは?って思いました。ひとまずは大丈夫なんだと思う。

ちゃんと正しくバランスをとってOZONE5のCDマスターをそのままかけると、それだけでガツーンと音圧が上がるんで「ああ、ちゃんとミックス出来てるのかも」と思いました。

また、このプリセットの場合、ミックスでやりすぎているところがあると、あからさまにヘンテコなバランスになるんです。

で、マスターにかけたまんま、チョイチョイ直すのですね。

実際は「そういう風に聞かせたいからそういうミックスになってる」はず。

けれども最適化を目的とするのなら、ひとまずはこれで聴いていただけるといいのかもしれません。キチンとしたいときはちゃんとした工程を踏むようにしたらいいのだと思います。

一番最初にアップしたものはミックスとかはグチャグチャだったんですけど、聴こえ方はそれほど悪くなかったんです。メチャクチャでしたけどね。それでもなんだか悪くは無かった。それ、OZONE5のそのプリセット使ってるんです。

やはりまずはキチンとミックスをしなきゃいかん!って、思った次第。(あ、ちなみにバラードのやつもそれでアップしなおしてしまいました…超すみません)

最後の処理のところですごく悩んでいたのですが、OZONE5のプリセットを使うことでやって行ってみようと思います。すげーな。

というか…

マスタリングは本当に恐ろしい。

まずはミックスを研ぎ澄ます、音楽を作ることに専念しよう!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.