DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

VALU面白いんだけど買いたいから俺のも売れてほしい。

更新日:

ノリでVALUを始めてみました。

僕は投資とかいうのが「どういうものなのかさっぱりわからない」で始めてるので、理屈の甘い感想文だと思って読んでいただけると幸い。あっあっ、こんな書き出し離脱されてしまう。お前らも儲けたいんだろう!そりゃそうだ!俺もだ!!

とはいえ。

元々僕は先物的なものにアンチ、めっちゃアンチなんすよ。

今でも釈然としない事も沢山あるし「こういう事が出来るのはデビッドボウイくらい」と固く信じてやまないところがあるんですけど…

やってみなきゃ死ぬまでわからんからね。せっかく始められるのならノリでやったろう!と思いました。なんやかやノーリスクでお金とか欲しいですし。お金超欲しい。もうなんならお金もらって自分が食っていけるだけのお店だのレーベルだのでもやって、ダラダラ生活したい。渋谷の大箱どころじゃない面白いスペースが作れると思う。

で、出来上がったのが、こちらのアカウントになります。

なんか時価総額なんてもんが付いてますよね。これはなかなかに自己顕示欲とか承認欲求をいい具合に満たしてくれそう。VAを大量発行してたら、もっとカッコいい感じの時価総額ついてただろうからなあ。

この金額はVALUが僕のSNSの具合を見て決定した金額なんですけど、2017年8月1日夕方現在、日本円でコレを見てるとビットコインのレートに左右されまくっててハイパー面白いっすね。正しい数字を見たいなら日本円で見ちゃダメかもしれん。(2017年8月1日現在でビットコインは分裂騒動に揺れとりまふ)

しかしさ!時価総額って面白いよね!

値段だけは何かしら付くんだもん。これすごいことだよ!!誰かが値段を承認してくれるのってすごいことだよ!それで取引が発生するのもすごい。天国かな?って思う。「俺の値段はこんなもんじゃねえ」とかそういう野暮な事いう余地もない。すげえ。

だってさ、オレが変な壺を持ってたとして「300万円でござるーwwww」とか言ってたとしてもクーリングオフ付けときゃ基本問題ないじゃないすか?それとおんなじ事なのに、それなりに価値が認められてんじゃん?お茶碗が一国に値するとかそういう話っぽさがある。なんかすごいよね!

これはすごいよね!

でもさ…

誰も買わなかったら利益は出ないんだよな…

資金調達できないんだよな…マジで時価総額とかなんなの?って思う。そういう規模でキャッシュにする余地がありますよ程度の話なんだと思う。VALUとかだとなんだか流動性は極端に低いけどな!

オレの預かり知らぬところの資金調達の世界では、VALUみたいなやり方があるのかもしれない。でも「売れなきゃ基本儲からない。売らなきゃ基本儲からない」と言うことで、時価総額とかなんなんだろうな?って思いました。

でも、やりはじめてみてよかった。なんかおもしろいんだもん。

「株を買いたい人の気持ち」ってのがメチャクチャわかりました。

もちろん「値上がりしそう」とか銭ゲバな気分もあります。

でもそういうのとは別に「あ、なにかこの人と関わりを作っておきたいな」みたいな感覚が確かにあるんすよね。

こういう感覚は「買ってみよう」と思わないと感じられない感覚なのかもしれない。

だから俺はVAが売れたら、ひとまず他のVAを買おうと思っています。今は買い注文を出してるところ。なかなか買えねえ。

ともあれ。ひとまず、そういう感覚がわかっただけでもよかったなと思っています。

VALUには「応援」って感覚があるみたいですけど、善意が回り回って行く感覚があるのかもしれないっすねー。ある意味で資本主義っぽくないってのがすごいですよね。共産主義っぽい感じがする。知らんけど。高度に発達した資本主義は共産主義と見分けがつかないんだろうか?資本主義の必然とかなんだったんだよ…いや、知らんけど(笑)。こういう話は怖いのでよしとく。けっこうした。

いずれにしても、今のところは流動性とか、将来どうするとかいうのがあんまり考えられない仕組みなので「ビットコインのマイニングみたいなことをしてるようなもん」だと思いながら、売り買いを楽しみ、人の繋がりを増やし、その中で利益が出るのであるならばうまくやってみようと思います。ビットコインと日本円だけなので…んー。ビットコインの価値を高めるためのコミュニティみたいなところにもなってくるのかもね。それもわるいこっちゃないし(知らんけど)ぶっちゃけマイニングにも興味ありますしアキバにグラボは無いです。

まずはVA買いたいっすね。タダで買いたいから俺のVAも売れて欲しいと思っていますwwww

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.