NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ブンブンサテライツのラストライブがマジでヤバかった件

投稿日:

ブンブンサテライツのラストライブに行って来ました。

もうどれくらい前になるんだろう?川島さんがニコ生で脳腫瘍の再発をみんなに伝えて「ライブ活動の休止」を宣言したのって。

そして必ず戻ってくるって約束したのって。

かなり大変な約束だったはずなので「果たせなくても仕方ないよな」って思ってたんですけど、今日本当に約束を果たしに新木場へやってきたわけです。

ライブの内容としては、これがもう本当にすごくて、映像などなど演出を含めて極上のライブエンターテインメントとなっていました。凄かったわ、なんだアレは。

まじですごかったわびっくりした。

で、突然スピリチュアルな話になるんですけど、人間って死者に生かされてる部分があると思うんですよね(笑)。死んじゃった人が見ててくれるなーって思える時があるのです。

ブンブンサテライツが活動休止に入ったのはあくまでもライブ活動のことで、制作はギリギリな感じの環境の中で進められていたと僕は勝手に解釈していますが「ライブに戻ってくるんだ。それまで休止するんだ」っていうんじゃなかったら、今回みたいなライブってなかったような気もするんですよね。人間の生き死にの話になるのであるならば、バンド自体を完全に停止することもあり得たはずで。僕の勝手な思い込みですが。

でもそれだと俺たちファンはモヤっとしたまんま過ごしていくわけで。

今回いろんな人が突き動かされたり、ファンとしてもハイパー盛り上がったのはそういうところもあったような気がするので「ああ、人間は生体反応としての死で終わりというわけでもないんだな」というのを、ものすごく実感した次第なのでした。案外人間は永遠に生きたりするし、死に方の準備やらなんやらが綺麗なものであるならば、生きる人間をガチで動かすという事なのかも。いやまあ、死ねばいいってもんではないんですけど(笑)ちゃんと生きる事、っていうか。どうせ、みんないつか死ぬので(笑)綺麗に生きよう。

そういうわけなので、演出でハイパー盛り上がりながらも、そういうんじゃないところで川島さんの「気」みたいなものが充満していた今夜のコーストでした。あっちこっちにいたような気がするな。なんだか。僕の勝手な感じ方ですが。

で、一つだけ思うことは「生のライブとして、歌がマイクを通ってその場の空気感としてボーン!と出る感じ」っていうのがバンドのグルーヴにめっちゃ重要だったのだな、っていうのを反面的に思ったりもしたライブでもありました。これは素直に「ああ、そうだったんだな」って思ったりしました。

けれども、そういうのとは別に今日のライブは本当に特殊。素晴らしい体験でした。

他のエンターテインメントでもいろんな形のライブがあるけれど「うおっすげえ!」って出来てる人たちってどんだけいるんかな?って思っちゃったよね(笑)。ねえ、それでいいの?みたいな(笑)

いやはや、ものすごいライブでした。ブンブンサテライツのファンでいられたこと、本当に誇らしいなと思っています。中野さんも本当にひとまずはお疲れ様でした!マジで最高の青春でした。これからの活動をしつこく期待しています。映像との絡みは楽しそうだなとか勝手に思っちゃいました。最高のブンブンサテライツでした!

ただし、ファンとしてはもうひとつだけモヤっとする事が増えちゃったんですね。

それは「このライブをパッケージにして残して欲しい」っていう欲望(笑)。

ファイナルセッション終えたけれど、なんとかなんないかなー!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.