DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

FC東京と浦和レッズの試合を味スタで見てモヤモヤ。超モヤモヤ

投稿日:

今日はFC東京と浦和レッズの試合を見に行ったのですが、ぐぬぬ。悔しい。

プレスとかもガッチリはまったり「前半の前半」辺りでは右で作って左で決めそうな雰囲気がビリビリ感じられたし。

実力差うんぬんとか決定力の前に、やっぱり交代策がダメで相手を勢いづかせちゃったなあという印象にしかならんかったです。僕にはそういう風にしか見えなかった。

明らかに相手にとって脅威になってる選手をさっさと交代させてしまうのはちょっともったいない。

そして重心を後ろにしてしまったって言うのはもっともったいない。

浦和を見てると危険なエリアに侵入した場合の「中と外の選択肢の作り方」がなんかいい感じなんですよね。ひとまず「とりあえずではやってない」。

これを抑え込んでたのが前半の感じだったはずなんだよなあ。

ただただチェイスする感じでもなく、チェイスに行き過ぎて逆にピンチになったのを確認した後は選手の判断でバランスを整えたようにも見えたし。

守りきって現実路線に走る!ってことなら、むしろ利いてた梶山に納得してもらう形だったらどうなんだろな?ボールを奪うところを決めて速く攻めるっていう。前田も出来が良かったのできっとチャンスがたくさん作れたはず。これは東京にとって「ものすごい妥協」になりますが、いざとなったらフォアリベロみたいな動きが出来る選手を中盤に交代で置いて重しとなってもらい、最終的にチェイスできる選手を交代して前に置くのが良かったのではないかな?と素人的には思っちゃうんですがどうなんですかね。

1点先行して「勝てる」ってなった時。ずっと勝ててない相手に対しては「逆に我慢比べ」みたいになる、逆に精神的に追い込まれるようなところがあると思うのですが、今日は「こっちが先にビビって水の入った洗面器から先に顔を上げた采配」っていうような風にしか見えなかったんですが、どうなんですかね。

ポジティブに行ってほしかった。

精神的な話をしてますが、これ、精神論じゃないですよ?勝負ってそういうもんじゃないですか。

もう一つの問題としては、これは精神論なんですけど「先制して1点リードなら、一点取られても1−1の引き分け」ってマインドになりがちってところ。

そう思ってしまう、ってところ。

東京がワンランク上のチームになるために必要なのが「勝ちたい試合を勝てそうに出来たら勝ち切る!」っていう体験を積み重ねることなので、今回の事を糧にしつつ頑張ってほしいと思いました。

とまあ、随分とベンチ批判してますが。

ここ数年で考えたら、かなりいい試合をしたし、数年前に引き分けた時と同じくらい頑張ったと思うんです。選手たちはすごく戦ってるのが伝わったんで、めっちゃ悔しいですね。今日は悔しい。

ジャッジがクソすぎて負けた年もあったな。あれもハイレベルな試合だったよね。

あ、色々と浦和サポさんへ腹を立ててる人もいますが、今日は一緒にいい雰囲気を作ってくれてリスペクトはしたいと思います。一部の人はアレみたい。これはお互い様?

浦和サポさんの話を聞いてると「今日は東京の自滅」と思ったようです。浦和相手にあれをやった時点で負け、だと思ったそうです。僕もそうだと思いました。

相手は逆転劇をやってなお緩んでない。これはルヴァンカップも手強い。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.