DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

マストドン「なんで今更分断を・・・」と思っていたら全然違ってたっぽい件

投稿日:

マストドン、思ってたよりも楽しい気がしてきた!

先日、公開会議なども行われて(見てないけど)話題沸騰中のマストドンですが、思ったよりも面白い仕組みになっているようで俄然興味が湧いてきました。

僕がマストドンの仕組みをチラッとだけ聞かされた時に最初に思ったのが「なんで今更分断を・・・」っていう事だったんです。

マストドンって興味の単位でインスタンスを建てられたりするでしょう?アメリカであんな事があって、Google検索的な世界の分断がヤバいところまで来てしまった後で「なんでわざわざそんな蛸壺に頭突っ込むの?」って思っちゃったんです。だから興味は湧いても「ダメだろこれ」って思ってましたね(笑)。

けれど、試さないで言うのもおかしな話なので、少しだけ触ってみて何人かの方と交流をさせてもらいました。

結果として、感じたことは最初に思ってたのとは全然別の事だったので、それについて少しだけ書いてみようと思います。

※なお、このポストはマストドンの解説をする文章ではなく感想なので、間違いや不確かな情報もあるかもしれないという事だけはご了承ください

何が面白いって連合タイムラインが俄然面白い!

Twitterって人をフォローしないと面白みが全くないじゃないですか?タイムラインを賑やかにするには、いろんなアカウントをフォローしないと楽しめないという。

だけど、どうやらマストドンはそういう作りになっていなくて「情報より人」が既存のSNSより一層重要になってくるような気がします。

理由は「連合タイムライン」の存在。

連合タイムラインって、同インスタンス内のメンバーがフォローしている他のインスタンスのアカウントのポストが全部自動的に流れてくるものらしいんです。説明が難しいけど、そういう仕組みになっているっぽい。

これは面白いですよね。

例えば既存のSNSだと「インフルエンサー」っていう存在がいたりするでしょ?ああいう人たちは、例えばTwitterだと「知らせたい他人のポストがあったりするとRTしたりする」じゃないですか?

けどさ、RTっていう時点でバイアスがかかるんだよね。インフルエンサーが伝えたい情報だけが自分のタイムラインに流れてくるわけです。

これって、仕組みとしては「結構不平等」だと思うんですよね。下手すりゃ情報の搾取だよ、それ。

だって人間っていろんな側面も考え方もあるから、同意できるポストだけ切り取ったら実際は何にもわからないじゃない?影響力が強い人の情報の切り取り方で人間の有り用が変わりそうな気すらするじゃない?

そして、リプによる議論になってる場合でも「端から見てるとマウンティングじゃんそれ」っていうのを見かけたりもするんですよね。

これって実は分断を生む仕組みだと僕は思っちゃうんですけど。どうだろう?既存のSNSはやっぱり情報のツールなんだろうな、と思います(それも便利だけど)。

ところがどうやらマストドンの連合タイムラインっていうのはそういう訳にもいかなくなりそう。なんでかって言うと「見たくなんかないものまでズラズラ流れてくるから」。ちなみに今現在の僕の連合タイムラインも割とそう言う感じになっています(笑)。

こうなってくると、意見の編集よりも人そのものが大切になってくるように思うんですよね。連合タイムライン、すごく面白いと思います。

と言うわけで近い将来にでも自分専用のインスタンスを建てたくなってきた

今わかってることは「同インスタンス内のメンバーがフォローしたアカウントのポストが流れてくるのが連合タイムライン」って事なのですが、リモートフォローした場合どうなるのかな?

ここら辺の疑問がクリアされたら、自分専用のインスタンスを建てたくなってきたwwww面白いと思うんだよなー!俄然やりたくなってきた!機能が追加されていったら面白い事が色々できるような気がするしね。WordPressみたいなオープンソースだから使いたい機能を厳選できるようになるかもしれないし、うん。俄然マストドンに興味が出てきました。

というわけで、現在僕はこちらの方でマストドンやってますので、よかったらフォローなりなんなりしてやってくださいませ。

Twitter老人会などと揶揄されてるマストドンですが、そういうんじゃないよなこれ。

面白そうな気がしてきました。分断を乗り越えて面白い出会いがあるといいなあ。

 

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.