NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

DJ的なあれこれやってると曲作りのアイデア見えてくる感じありますよね

投稿日:

DJはなんやかやでやっていますが、近頃めっきり制作のスピードがガタ落ちしてしまって曲が全く生まれてこない状態です。理由の99パーセントくらいはハイラルに行って帰ってこないからなんですけど(笑)。

けど、今はDJがとても楽しい時期ではあるので、家に帰ってきてTRAKTORを立ち上げてX1など弄っているとアイデアが出てきやすいようです。特にX1をある程度使えるようになってきたのでアイデアが出てきやすい状態にはなってきているのかな?と。

例えばDJやっていると、ある程度の長い時間トータリティーを持った時間にしたい時があったりしますよね。選曲で色々とかけて、それをやっていくのがベストな感じもするんですが、もっと別のやり方はないかなあ?と。

つなぎ替えて飽きさせないのもいいんですが・・・ちょっとなんとも言い難いのですけど「飽きさせないようにする」っていうのは気持ちの良い時間と空間を作るための手段のひとつでしかないのだろうなあ、とも思うわけです。

昔、WIREかなんかでカールクレイグのライブを見たとき長〜いイントロでぶっ飛んだ記憶があるんですが、ダイナミックなジャンプをするためにはこう言うの必要だな、って思って。

TRAKTORとX1を使うと長い時間のトータリティーを作りつつ動的な感じにしていくのがやりやすい事に気がついたので、そう言う事に特化した曲を作ればいいんじゃないかな?

プレイで工夫をしたくなるような曲を作りたいっすね。

それにしてもX1弄ってると「若い頃に困難があったらよかったなー」とつくづく思いますねえ(笑)当時理想だったライブとかできたかもしんないー。

 

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.