DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

久しぶりに曲を作って見たしゼルダやりたい

投稿日:

ニンテンドーSwitchが欲しい。まじでほしい。ゼルダまじでやりたい。

あれね、楽しみ方の幅が尋常じゃなさそうじゃないですか?まずぱっと見で「これはアレコレできそう」って感じあるじゃないですか?Amazonのレビューとか見ると「やばい」ってなるじゃないですか?

っていうかゼルダ最高じゃないですか?

ああいうキラータイトルが出ることで「FF続編はSwitchで!」とかなりそうじゃないすか?っていうかプログラムの言語に何かこう互換性があったならば、過去作も出して欲しいじゃないですか?スペックとかわからんけど。僕は過去2作はやってないし。

というわけで、在庫に落ち着きが出たら、落ち着き払ってニンテンドーSwitchを買って各所でモテようと思います。まじでゼルダやりてぇ。ディスクシステムで最初に出たゼルダとか本当に最高だったんだお。世界観込みで。

さて。

久しぶりに曲つくりました。

シンプルすぎる。でもちょっと気に入ってる。

どことなく90年代っぽさがあるような気がするんですけど、どうなんすかね。バイノーラルパンナー使ってみたらすごくいい感じになるなと思ったんですけど。バイノーラルパンナーについてはこないだ取り組んでたコピーで使い始めたんですけど、今聞くと落ち込みますね。

この曲は隣の駅にあるコーヒーショップで曲の大半が出来ちゃったもんで、それをそのまま展開させてみました。

ワンアイデアをちょっとづつ弄って展開にしてるんですけど、コマンドDやりまくりで(笑)ちょっとづつ味をつけていくのってabletonだとめっちゃやりやすいんですよね・・・logicとかいいな、って思ったけど。今更気付いたのかよ、と。

なんかもう音圧的なことはあんまり考えるのやめました。こういう感じで一人でやってるとマスタリング的な作業から逆算するみたいな作り方をするんですけど、そういうのもナシ。ちゃんとやって、適度に音圧稼ぐくらいがいいす。客観的に見られないからそれでいいんだと思います。

元々は「Lay Your Hands On Meのリミックスにして自分のDJだけで使ったろwwwww」っていう曲だったんですが、それも今回はよしておきました。ボーカルとかを抜き出すようなアレンジではなく、曲の一部を使ったものだったんですが、それはそれで面白かったんで、どっかでやってみたくもあり。多分ブレイクから作り始めそう。

このトラックはBGMにして見ても結構面白いと思うのだけど、イマイチそういうのが国内利用者に伝わらないところがあるので(笑・人のせいにした!)BGMを作るときは音楽を派手にすることにして、これはBeatportとかで販売してみようと思います。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.