DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

グレゴリアンとかいっぱい聴ける時代

投稿日:

昨日の沈黙からの話でもあるのだけど「映画の中でモキチ歌ってたやつよかったなあ」と。

ああ、いいなあって思ったのですが、なんていう歌だったっけね?これについては面白いエピソードもあるそうなのでググってみていだたければと思うんだけど、ああいいなあ、と。

で、あの歌がなんだったか?とかよく知らないんですけどカトリックの人にとって大切だったらどうしようとか思ってビクビクしてます(笑)もうずっと教会行ってないんだよ!

で。

また父親からの話で申し訳ないんですが「グレゴリアンはいいぞ。聴いておいた方がいいぞ」って言われてたんだけど、僕がティーンの頃に「癒し」とかいってグレゴリアンがちょっと注目された時期があるんですね。そこでCDを一枚買ってもらって聴いてみたんだけどクソつまんねえの(笑)なにせ和音がない!鬱々と男が歌ってる!超つまんない!

って思ってました。本当にすみません。

さらに謝罪しなければならない事があって、その頃何か音楽の本を読んだんですけど「グレゴリアンはモノフォニーの音楽。教会は和音を認めず声部は1つだけ。なぜなら神は1つだから。その後3和音までは許されるようになった。なぜなら三位一体だから」とか書いてあって「ふざけんなまじか。中世最悪だな、クソだ」ってティーンらしい反発をしまして(笑)その後一切興味を持たないでいました。今では「最近のポップスはコードが多すぎる。多くて4つでいい」とか言ってるんで、ジジイになったしジジイって本当にダメだなって思っています。

ジャズは割と好きめだったのだけれど「モーダルとかようわからん」って感じで未だに過ごしているので、グレゴリアンって検索して出てくるものを聞いてみようと思いますた。ウィキペディアとか見てみると「なんかグーテンベルクみたい」っていう楽譜があって、いいよね。グーテンベルクとか関係あるのかな?それはこれから興味があったら調べてみます。

で、これを書きながら聞いてみてるのがコレ。

これ聞いてみてるんですけど、これグレゴリアンなんですか。そうですか。普通に和声があったりしますし、いいですよね。オレ、ブルガリアンとか好きだし、攻殻機動隊の謡とかやっぱり好きだし、おもひでぽろぽろで聴けた歌なんかも好きですしね。いいじゃないすか。っていうか、おれがティーンの頃に聴いたグレゴリアンどういうのだったんだ?

とか思ってます。いいじゃん。(和声は即興的にのちに用いられるようになったんだってね)

いや、まじでおれがティーンの頃に聴いた音源ってなんだったんだろうな?とやはり思うんです。なにせその頃は音楽は買わないと聴けなかったから、基本(爆笑)。CD買わないと音楽聴けなかったんだよ?まじか?って感じじゃないすか?だから「グレゴリアンを深堀りしてみよう」なんてならないと図書館にもいかないだろうし聴いてないと思うんだ。聴いてなかったし。

それがどうだ。今はなんだって聴けるじゃないすか。良し悪しは別としてなんでも聴けるレベルですよ。なんならカストラートの歌声まで聴けちゃったりするわけで。

なんかむちゃくちゃだな、と思うかどうか?ってところなんですが、まあ、ムチャクチャだなと思うんですけれど(笑)思うんですけど・・・

音楽は聴けるわけです。今は人類史上始まって以来レベルで音楽は聴ける時代になってしまった。

ひとまず聴いとけ、って思うわけです。そういう話でした。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.