NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

本日Windowsのインスコで苦闘ちゅうですよ、の巻

投稿日:

今日はMacWindowsに入れてFL STUDIO仮想マシンで使うべくセッティングをしてたら何かいろんなエラーが出るので4回目のWindowsインスコ中。

今日はなかなか曲作りに取りかかれてなーい。

でもしかたな〜い!やっておかな!

実際はブートキャンプより完全に仮想マシンで動かしたほうが気がラクなんですね。そういう状況を確認したもので。なので少々面倒ですがセッティングして曲作りに取り掛かりたいですよ。むはー!今日は回線が重いなー!現在タダのWindows10評価版インスコちゅう。

というわけで、今日は珍しくのんびりとしたやつを。

タイムライン眺めてたらこの動画が流れてきましてな。

https://www.youtube.com/watch?v=7PnT7la03Bo&feature=youtu.be

なんかいいっすなー。改めていいすなー。10代の頃なら余裕で「ケッwwwwww」とか言ってそうなリリックですけども、サウンドがね。サウンドがねー。

音楽っておもしろいもんで、まずサウンドが入ってくるんですよね。たいていの場合は声とかサウンドが良いから歌詞を聴いちゃって「うひょー」っていう流れをたどるはずなんですよね。いや、大体そうですよ。間違いなく。今も昔も。絶対そういうもんだと思いますけど。

で、それに付け加えるとしたら映像すなー。色んな意味にも取れますけど、個人的には「あー、ポップってこういうのがいいなー」と思いましたけど。「だからリリックが大事なんだよ」っていうね。生活の中に「そろっといい話が入ってくる」感じね。

とは言いながら首根っこつかまえて聴かせちゃうような音楽が好物だったりするんですけども。でも、これだってレノンの声聴いちゃうとなあ。

サウンドって言語にしづらいから、なかなか難しいんだよな。「これって、アレっぽいよね」みたいな話をしていくと面白いんだけど。90年代組としては(笑)そういうのは結構隠す時代になっちゃったような気もするからなあ。俺が気がついてないだけかもしんないけど。

それでも歌詞で動かされることってカナリありますし、すごい煽られるし、それは「どう考えたってサウンドがあるから」っていうのもあるし、面白いですよね、最近ウタモノとか全然作ってないですけど。

今やってるリミックスは歌にしたいので、あんまり無茶苦茶やってないんですけども、最後はムッチャクチャやりたいっすね。

そのための準備をしてるんだけども回線ガー!

FL STUDIO。いいよー。はよMacに!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.