DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ここんところ忘年会的な事をやって楽しかったから、考えた話

投稿日:

ここのところ年末の忘年会とかで更新が滞ってましたが、改めて飲み会とか楽しいですね、と。クラブも楽しいんだけど、お酒の値段も結構するし・・・大音量で音楽をかけてるからじっくり会話とかも出来ないしね。たまにはいいなと。

僕は大音量で音楽がかかってたり、ドリンクがちょっと高価だったりしてもクラブのそういうところがすごく好きだったりもするのですが、こういう飲み会っていうのはチルい感じがすごくするから、チルなパーティーをやりたいなって思い始めてたりします。ゆっくりくつろいで会話を楽しむみたいなね。そうなると「音箱です」みたいになってるところだと難しいケースが結構あると思うから場所から考えないといけません。一件、アテと考えられる場所もあるのだけれど。音もいいよ。音箱じゃないとか言っても音は良くないとダメだと思うので。

というか出来ることなら、心臓にくるような低音が鳴ってても会話は普通にできちゃうみたいなプレイを心がけないといかんのかもしんないす。あれはお店のサウンドシステムなのかプレイなのか・・・プレイかもなあ。選曲も大切。

さて、そんな風にも考えながら居酒屋に行ってきたんですが、まあ、コスパ最高ですよ(笑)。

ここのところ「DJ以外の若い人に遊びにきてもらうにはどうしたらいいかな?」ってのを考えていて。

DJ以外とか言ってるのが身も蓋もないですが(笑)横の繋がりって大事なんだけども、それ以外のことも考えないといかんもんな。

昔と違って、居酒屋とかでも「安かろう悪かろう」が通用しなくなって。俺がガキの頃の白木屋とか出てきた時衝撃だったけどビールが酷かったもんな。今は鳥貴族なんてのもあるけどフツーにビールうまいぞ。

この20年間で素材がどうであろうともそれなりのものが出てくるようになってしまってるので・・・そうねえ。ちょっとしたクラブ遊びみたいなのだと文化として居酒屋に勝てないな、と。とてもかなわないなと思うんだな。

今は失われた20年とか言われちゃってるけれど、ちょうど俺らが労働などに従事し始めた頃からのことをそういう風に言われちゃうとなるとちょっと責任も感じちゃうから、若い人に擦り寄るんじゃないんだけど、今の事もきちんと踏まえつつ「こんなのもあるんだぜ」っていうのをやっていかないといけないなー、状況を整えていかないといけないなー、と思ったりします。

ちなみに最近自分のこと振り返ると「発想がそこで止まっちゃってる」みたいな事も沢山ある。そこは音楽を突き詰めて行くより遥かに楽なことかもしれないので、そういうところを変えていきつつ音楽の方をしっかり聞いてもらうみたいな事をしたいっすねえ。

音楽の方は妥協するつもりは全くないから額縁の方を綺麗にしてあげないとな、と思います。もっとフロアに光を当てていきたいところです。DJには光当てないでいいです。ひとまず。

まず取り掛かりたいことなんてのも考えてはいるので、来年からそういうのを考えつつやっていこうと思います。あ、チルいパーティーっていうのはむしろ仲間内でやりたいです(笑)

どうかね。ピントのズレまくってること言ってないかな?(笑)心配になりますけれど。そもそも、そういうのが好きっていう人も限られてると思うし、カラオケのようにはならんだろうけど、そういうの目指したいっすねえ。目指しすぎるとパーティーがダメになっちゃうからバランスも必要でござる。パーティーに関わってる人間たちが素敵に楽しむ事もとても大切。

DJのプレイについては来年からはPCDJを突き詰めたいところ。これやっぱり面白いんだよな。

DJプレイって道具への偏愛みたいなところも間違いなくあるとは思うので、楽しい道具を使いたいと思います。面白いプレイができるっての大事。それがヴァイナルならヴァイナルだよね、っていう。ところでヴァイナルのが安上がりな国があるって本当ですか?

というわけでDJは年内あと一本。楽しい年越しになりますように。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.