DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

iPad iPhone iTunes Mac ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン ワイヤレスイヤフォン

Airpods降臨!期待外れの部分と大満足な部分を書きつらねてみる

投稿日:

Airpods降臨しますた!

どっかのメディアが「2016年に発売されたものでイノベーティブだった商品ランキング」ってのを発表してましたが、アップル製品でランクインしたのはAirpodsのみ。順位が20位後半くらいだったのでビミョーな感じですが。

世の中は「なんかビミョーなアレなんじゃない?」って思ってるんだろうと思います。

でも「音楽の状況を良くするにはリスニングの環境を変えていくしかない」と個人的には思っていたので「なんか便利そうだ」「何かイノベーティブな感じがする」「っていうか落ちそう」っていうAirpodsには心の底から期待していたのです。聴きたいときに聴けて、かさばらなくて、ケーブルレスっていうのはやはり夢だと思うのです。

ということで、Airpodsを1日ほど使ってみましたので、現段階での「期待外れなところ」と「大満足」な部分を書いてみようと思います!

ぶっちゃけ期待外れなところ

音質!!!っていうか鳴り方 

これはですねー。正直失望した(笑)。基本的にiPhone付属のEarpodsと変わらないです。

ちょっと良くなったかも?とかはあるにせよ「同じようなもん」だと思っていいです。断言します。オーディオマニアとかじゃなくて普通のリスナーなので、そのくらいの判断でいいかと。

なのでEarpodsを日頃使っていたならば「劇的な音楽体験の変化!」みたいなことは一切合切ございません。むしろlighteningのEarpodsの方が音質はいいと思います。鳴り方はほとんど一緒だけど。

音質としては「まあこんなもん」なんじゃないですかね。今は技術が進歩しているのでなんとも言いづらいところなんですが、2年前くらいの3万円レベルのBluetoothヘッドホンでもこんくらいだと思いますよ。鳴り方はまた別の話。

音質を期待していくならば、恐らくは「lighteningを経由して有線で聴く」という方向性を模索した方がいいのではないでしょうか?あれ、結構いいと思うんだぜ。オーディオ端子廃絶大賛成。今後はlighteningっていう規格はなくなってしまいそうだけれど。

ただし、ここで一つ言っておきたいのはEarpodsっていうのは単なる付属イヤフォンにしては随分いいのです。lightening端子になったのも大賛成。

これは、なんかいろんな音が聞こえるタイプのやつです。なんか広いし。これ悪くはないのです。むしろ良さもある。ミックスまでするミュージシャンなのに、それっぽい単語が出てこなくて大変申し訳ないのですが、そんな感じ。

僕的には聞こえ方はあまり満足できていないけれど、悪いもんでもないっていうのは言っておこうかな?と。少なくとも外出中に聞くぶんにはいい感じかな?僕はむしろノイズキャンセリングの方に偏見持っているんす(笑)。

あと、こういうのは装着の仕方で音が変わるし、楽しめる音になったりするので色々やってみてください。こういう姿勢はアップルちょっとダラしないと思うわ。ポジションをきっちり決めてこい!!とか思ったけどスピーカーとかもそうなので俺は考えるのをやめた。

っていうか結局落ちそうな気がするwwwww

事前のAirpodsレビュー動画とかを見てるとヘドバンをしてみたり、走ってみたり、走りながらヘドバンしてみたりして「Airpodsは落ちない」とかやってました。

確かにアレくらいでは落ちません。全然落ちない。ビクともしない。

でも、ああいう動画見てて思いませんでしたか?

「貴様ら80パーセントくらいの力でそういうのやってるだろう?っていうか、耳にそんなもん入ってたら落っこちそうだから自然に動作がユルくなるだろう?」って。

実際に僕がチェックした時は、間違いなくそういう作用が働いてしまいましたwwww

これも断言できる!なぜなら「耳から落っことしてやる!!!!」って頭を振ったら落っこちそうになったからです!あぶねえ!横方向と縦方向の動作が同時に加わると簡単に落っこちそうになります。

つまりですね。基本的には落っこちないです(笑)。なかなか良くできている。

けれども、使い始めてまだ1日だから「なんか落っこちそう」っていう心理が働いてしまって薄氷の上にいるような感じがバリバリです。恐ろしい!やだなにこれすごいこわい!そのうち慣れるのでしょう。

あと夕べはDJして帰宅の途中。電車に乗るときに走ったら落っこちそうになりました。もうねAirpods油でベトベト。人体の油でベトベト。耳垢までついて来やがる。ベトベトで耳垢。めっちゃ滑りやすくなってる。こういうのどうなんだろうなー?って思ったりしているので、もうしばらく使ってみて、また書こうと思います。

つまり「走ったら落っこちそうになる場合もある」ので気をつけろ!ということ。ついでにいうと、なんかサードパーティーから紐発売されてたじゃないすか?ゴムの。あれつけると紐の重みで簡単に耳からポロリしそうになるから全然お勧めできません。

大満足な部分!

ここまでに巷で出てるレヴューに書いてある通りでござるwwwww

もうね、いいところについては出尽くしてるかな?と。ググって出て来た「これは未来のアレだ!」とかいう記事とかあるじゃないですか?

丸ごと信じてください。本当にその通りで同意しか出来なかったりします。

特にSiriとの連動で「生活に溶け込ませようとする感じ」っていうのは良いなと思います。生活へ音楽と共に溶け込む感じ。ちなみに僕は最初の2回くらい全部Siriに聞き間違いをされたので、ダブルタップの設定はソッコーで「一時停止」にしました。Siri使ってません。だって「渋谷までどれくらい?」って聞いたら「それは良かったですね!」とか言うんだぜ!こいつ!

SIriについてはそんな感じですが、やはり、こんだけっちっちゃくて電池も長持ちして、聴きたいときにサッと聞けるのは本当にありがたい。これは一般人にしてみたら音質と同じくらい大切なことだったりするのです。本当に大事なことなのですよ。

バッテリーケースからAirpodsを取り出す操作って、イヤフォンのケーブルを解くのよりは楽な作業だと思うんです。ケーブルのあるイヤフォンよりは随分と心理的には楽。楽すぎる。楽すぎてついつい付けちゃう。

歩いてて立ち止まって「ふうっ」って一息ついて耳にAirpods入れてタバコに火をつけて「ヘーイ!なーう!!!」とか言ってwwwwwwそういうのがストレスなしでやれるのはやっぱりいいな。

そして、一つ僕なりに価値観を提示したいです。

「ケーブルレスならヘッドホンは安心。けどかさばる。かさばらないのは正義」っていう。「ケーブルレスのヘッドホンとは違うものだよ。比較するものとはちょっと違うかもよ?」っていう事。これは製品として立派な価値となると思うので付け加えておきますね。ヘッドホンはポケットに入らないですから。しまう時はカバンだし。

なんだか結構可愛かったところ

iPhone近くでバッテリーケースをパカっと開けたらiPhoneの画面に「Airpodsの状態」みたいなのが出てきますた。どういう条件下でそういう表示がされるのか解らないのですが(笑)。

これ、バッテリ残量が一目でわかるので結構便利。Airpodsを片耳だけで使う状態にした場合、Airpods片方の電池残量とかも表示される。これ便利だし、なんか表示がかわいい素敵。

こういう「Appleのエコシステムとかいうのに組み込まれてる感」はやっぱり素敵。

MacBookとのペアリングも何にもしてないのに気がついたら完了してたし楽だし。便利っす。うん。いいです。

しかし、どういうわけか端末ごとに音の鳴り方が違うのが不思議。不思議で仕方ない。全部音が違う。なんでや。iPadは持ってないからわかんないです。

・・・

以上いろいろと書き連ねて来ました。

なんか失望した面の方の文章量が多いような気がするんですが、良いところはもう皆さん言ってることと同意しかできない。それくらいAirpods良い面については文句無しかと思います。

なので、これは基本的には買いの商品だと思っています。

この文章書きながら、ずーっとAirpods装着しっぱなしなのですが、やっぱり快適なのね。そしてだんだん音も良くなって来た(慣れ。エイジングとも言う。でもエイジングって効果あると思う)。

というわけで、基本的には買いですから、予約待ちの皆様は、クソAppleが生産スピードを上げてくれるのを待ちましょう!なんなんだよ10月って言ってたのに!!!!

まあでも、多少の気にならないレベルのバグはまだあるのね。でも気にならないわ。これはたくさん売れるヒット商品になると思われます。

スポンサード

スポンサード

-iPad, iPhone, iTunes, Mac, ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン, ワイヤレスイヤフォン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.