DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

White Space LabにWADAさんが来たので行って来たぞ!

投稿日:

今日はWADAさんがDJしにくるという事で渋谷のWhite Space Labに行ってきました!一緒に写真を撮ってもらいましたよ!

なんとまあ、自分でも珍しいなと思うほどワロてる僕です。メガネかけてふらっと行ったのだけれど、コンタクトつけていけばよかった(笑)

しかし本当に珍しいほどワロてますが、WADAさんは僕のヒーローの一人なわけですから。マニアックラブにも行きました。コフュージョンのアルバムとかブンブンサテライツのシングル集と通づるようなものもありました。正直真似してトラック作った時期もありました。楽器屋さんのイベントに行ったりもしました。

そりゃこうもなるよな、っていう。破顔。

WSLってこういうブッキングをする事もあるので魅力のひとつかな?と思ったりします。

こういう体験をすると1件だけやってる自分のパーティー、バタフライエフェクトの事も考えたりします。

これまでは、本当に友人的なつながりだけでやってきているところがあって、それもアティチュードだったりもして、ゲストとかは考えてこなかったんですけど、こういう感じでパーティーの質を上げて行くのも大切なことかな?と。

パーティーやる上で企画って色々あると思うんですが、ゲストを呼ぶ企画の賛同者が多ければ多いほどいろんな事が出来るし、世界も広がってくると思うから、非DJも含めて「どれくらい賛同者してくれる人が僕の周りにいるかなあ?」なんて帰り道に考えたりしました。

そういうのがそもそもパーティーじゃない?近頃のニュヨーカーっぽく(?)クラシカルな楽団だって来てもらえるかもしれないし。

ゲストDJを招聘するということに関して、ちょっと現実感をもって考え出すイイきっかけとなる1日となりましたとさ。

っていうかさ、本当に楽しかったんだぜ。プレイ最高だった。かけてる曲の事もあるんだけど、今のDJさんは常にどんな箱でも音でパンパンになっちゃってるトラックかけたりするじゃない?

箱の出力のことはどうしてもあるけれど、それでも「あー、クラブ音ってこういうんだよなー」って僕は思いました。一概にはいえないけれど。

楽しかったあ。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.