NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

では新MacBookくんにちょっと音楽的な事をやらせてみよう!の巻

投稿日:

ひとまず、新MacBookでかなりドヤドヤやってます。

コーヒー飲んでドヤドヤドヤァ!

僕にスタンド能力があったなら、今後の擬音はこんな感じになるんじゃないかな?って思うんですけど、「なるんじゃないかな?」っていう言い回しするとセルジオのジイさんみたいになるんだなー、ってちょっと自分で感心してます。

さて、せっかくドヤっているので「この環境で音楽制作は出来るのか?」っていう事について書いてみたいと思いました。

今回は全く電源ケーブルの類を持たずに近所の喫茶店(カフェとは言わないと思う多分)で、負荷テスト程度にやってみたのがこのような感じ。

使用機材はableton LIVEと、abletonのPackのみです。

https://soundcloud.com/nakano-syun/macbook12cpu18

マスタリングは無料アカウントのLANDAでやりました。mp3ですね。SoundCloudにアップするにはいいのかなー?っていうふうに思います。いいんじゃないかな?って思います。っていうかOZONEをまだ入れてなかっただけだったりするんですけど。

曲自体は短いし、凄くシンプルですし、変化もほとんどないし、トラック自体が物凄く少ないんだけれども「リバーブとかがくっ付いてくるので、ソコソコ負荷がかかるんじゃないかな系の音源」を使ってます。そういう音を使うと普通よりちょっと負荷がかかります。ピアノの音源立ち上げたらゴツーン!とCPUメーター上昇。

けれども…

これなら結構いけるんじゃないでしょうか?

やんごとなき事情から父親に譲ったMacBook Airでも結構重たい作業を僕はさせてましたし、なんとかなっていたので、新MacBookくんも結構やってくれるんじゃないでしょうか?ちなみにこの場合の「やんごとなき事情」ってのは「高貴な事情」って言うほうの意味です(違う)。

MacBookくん。確かにちょっともたついたりする事もあるにはあるんですが、出先とか、ちょっとした事務仕事する分にはこれで十分どころか贅沢なので、もうちょっと頑張っていこうな自分!って思いました。

気がついた事や使用感など。今後チョコチョコと書いていくかもー。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.