NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

DTMでガッツリ打ち込んだら「演奏してみた」になるのかな?っていう話

更新日:

近頃ニコニ・コモンズに曲を投稿することが増えてきて、ポイントも貯まるんで「あー、これは面白いね。永久機関だね」と思うわけです(笑)

で、投稿する画面にJASRACのマークが書いてあるでしょ?

これなんなんだろう?と思ったんですけど、そういえばニコ動では「演奏してみた」とか「歌ってみた」っていうのはOKなんだと思いだしました(YouTubeもそうですな)。

多分カバー曲を素材として提供するのもアリですよーっていう事なのでしょう。

というわけなので「過去に遊びでカバーしてみたトラックを素材として投稿してみたらどうだろうか?」って思ったので、ひとつニコニ・コモンズにアップするのを検討していたりします。映像ありきなんで、そんなに面白い曲でもないですけど。イラストはウェブで公開されてたんだけども…

そしたら、JASRACのJ-WIDサーバーとかメンテ中で開かないじゃねえかあああ!!!ゴールデンウィーク中はお休みとの事です。トホホ。そもそも、この曲、JASRACの管理になってるんかいな?

昔っからクラシックの作曲家とか民謡のモチーフを自分の曲の中にブチ込んでくるっていうのをたまにやってました。

僕なんかは、最近ではベートーベンの歓喜の歌なんかも「何かのパクリなんじゃねえか?」って聴こえるようになってきてしまいましたけど、どうなんでしょうか。不勉強でして。

で。

すでにパブリックドメインになってるような曲だったら幾らでもモチーフにしたいじゃないですかwww

そして権利的にOKならば、権利が残っているものをモチーフにしてみたくもなるじゃないですか。

しかし、権利が残ってるものをガッツリDTMでやっちゃったものは「演奏してみた」とか「歌ってみた」とかになるのかなあ?と思って、少し頭を抱えていたりします。

Wikipediaで編曲権ってのを見てみるとこんな事が書いてある

以下はひとまずWikipediaからの抜粋でござるー。

編曲の著作権法上の地位[編集]

楽曲を編曲する権利(翻案権)は著作者作詞家作曲家)が専有しており(著作権法27条)、著作者は自身の意に反する改変を禁じる権利(同一性保持権)を有する(著作権法20条)。そのため、編曲を行う際には著作者の許諾が必要であり、無断で楽曲を編曲したり、著作者の意に反する改変を加えた場合には著作権侵害となる。

また、編曲された楽曲(二次的著作物)の編曲に関しては、編曲家にも著作権が認められるが、楽曲の著作者である作詞家・作曲家にも当該編曲に関する著作権が発生する(著作権法28条)。そのため、編曲された楽曲を営利目的で利用する際には、原曲の著作者との間に許諾、契約が必要であり、無断で楽曲を利用した場合には著作権侵害となる。

うへえええええええええええ。。。。

DTMってヤバイですね。

結構いろんな事が出来るようになっちゃったんで「自分で演奏してみてんだか、編曲の部類に入るのか?」ってのが謎すぎる。

謎すぎるんではないかこれ。

ニコ動で「編曲もアリですよ」って明確になっているのであれば番号を入力すれば手続き完了なんですけども、これどうなんだろうね?

っていうか、そもそも、アコギ一本でジャカジャカやって、メロディー歌ったら「編曲」なんじゃないのか?って思ったりするんですけど。

謎なんでもうちょっと調べてみます。ただ、こういうのが演奏と認められるのであれば、作家にとって不利益でなければ、いい事も多いんじゃないかな?とも思うのですが。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.