DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

宅録女子とか女子DTMerというワードが気に入らない件

更新日:

ドメイン移転したので、ウェブサイトの設定をアレコレする事が多くなってます!

アレコレしながら普段あんまり見ないアナリティクスを見てみると、僕のブログアクセスって圧倒的に男子が多いんですね。7割男子。

3割女子がいるっていうのは、ちょっと安心するんですけども、ちょっと前だったら9割男子ですからね。どう考えてもDTMクラスタなブログサイトなんで、なんとなくわかるんですけども。どっちみち女子ウケするような記事を書いていないのは明白!

しかし、宅録女子とか女子DTMerって言い方はなんとかならんのか?と

アナリティクス見てて思ったんですが…

「男子DTMer」とか「宅録系男子」とか言わんじゃろ?女性シンガーって言い方をする事はあるけれど、とりたてて強調せんじゃろ?「名前+シンガー」で通用するじゃろ?

DTMの世界で「〜女子」っていい方するのが何か気に入らないぜー、とフト思ったわけで。

僕も知り合いには女性DTMの人がぜんぜんいません!どっちかっていうとこれは、僕自身のパーソナリティーによるもんだと思うんですけどね。

僕は性差(区別っていう意味でね)っていうのは素敵なもんだと思ってるので「男の子」「女の子」っていうのはすごくいいなと思うし「男らしさ」とか「女らしさ」とまでは言わないけれども、なんか男女っていうのはあった方がいいっていう風には思ってるんですけど…

DTMはそういうんじゃないんじゃないか?と思うわけです。「宅録系女子」という言い方は、案外、参入障壁になってるワードなんじゃねえのか?って。

とは言ってもDTMお金かかりますからね。機材とか結構高いですからね。前のブログで紹介したオムニスフィア2なんて結構なお値段しますからねえ。女子とかお化粧とかしたりしますからねえ。すげえ大変だな!女子大変だな!

たまーにFKA twigsとか、コンピューターマジックみたいな人が出てきて、大抵の場合メチャクチャいいんですが、もっともっと「いわゆるガールズバンド」みたいにズンドコ出てくると絶対面白いはずなんだぜ。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.