DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DTM

Studio One3でマルチインストゥルメントを使ってみました

更新日:

ピアノロールの使い方には未だ慣れてないんですが、サウンドがひたすら良いのでStudio One3に慣れてやろうとアレコレやっています。これRewire経由で他のDAW鳴らしたらどうなるんですかね?まだトライできてないんですが。

とにかく音が良くてインストールが簡単。しかも動作が軽くて軽快なので「いつも使っているDAWと同じような感じ+便利機能」ってな風に打ち込めるようになると良いんですがー。

個人的にはスクラッチマップが一番面白そうに感じられていたんですが…マルチインストゥルメントを使ってみたらメチャクチャ良かったんで、やってみた事を書いてみようと思いますよ。

マルチインストゥルメントってなんじゃ?

例えば「MassiveとFM8で同じフレーズを同時に鳴らしたい」っていうような事。

と、言っても良いかな?

サウンドを複数レイヤーするってのはシンセとかなら基本的な音作りのひとつだったりしますよね。今のシンセは1台のシンセでもオシレーター複数ついてるのが通常なので。

けれども、異なるキャラクターを持ってるシンセを同時に鳴らしたら更にサウンドが広がるってもん、ですよね。

こういう事は他のDAWとかでも出来る事だったりするんですが、ちょっと面倒な設定をしなければならない事でもありました。

これがStudio One3では簡単にできるようになったみたい!

どんな風にやるのか?ちょっとやってみましたよ!

これがまあ、すんごい簡単です。

ブラウザを開いてインストゥルメントのところを見てみると、こんな風になっています。

 

こんな感じ。で、現在選択して水色になっているところ。「New Multi Instrument」ってところ。これをドラッグ&ドロップするとサクッとトラックが出来上がって、ミキサーも立ち上げてくれます。簡単だねー。

ただ、これだけだと音が鳴らないのでマルチインストゥルメントの中にシンセを入れていってみます。

普通にプラグインを開く感覚でNew Multi Instrumentを開いてやると、こんなんなってます。

 

えーと。多分すぐ分かると思います。だって「インストゥルメント」って書いてあんだもん。見たらわかるっていう。

この「見たら解る」ってのがStudio Oneの良いところですね。説明書とか読まなくても「これかなー?」ってやってみたら僕でもここまでたどり着きました。これ、すごくよくデザインされてんなあ。

あとは、インストゥルメントを1個づつ読み込んでいけば、自動的に並列で繋いでくれて…

こんなんなります。

ひ、ひとまず音がメチャメチャいいな…すんげー鳴るな…ビキビキバキバキやりましょう!後は個別にエフェクトとかMIDIエフェクトをかけたりするだけ!これも開けて見たらすぐ解るようになっています。

こういうのって他のDAW…例えばabletonでもできる事だったりします。けれどもabletonだとマウスとかトラックパッドの操作が煩わしかったりもするんですね。Bitwigはもっと簡単だったりもしますが、VSTなど外部プラグインを読み込んで来る時はやはり面倒。

そういうものと比べると操作系統で遥かに洗練されているStudio One3はよく出来ているな!と思いました。ちょっと触っただけでも「これはガンガン使いたくなる!」っていう新機能ですよ!

スポンサード

スポンサード

-DTM

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.