NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

iOS

iPhoneの無音カメラアプリを入手したので写真撮ります!

投稿日:

僕はお店に入って食物の写真を撮るのが大の苦手だったりします。なんでかっていうとシャッターが鳴ってしまうからです。シャッター鳴るとなんか、やじゃないですか。

そもそも写真を撮る習慣がなさすぎて、遠足に行って「写ルンです」とか持って行ったらフィルムが丸々残って帰ってきたとか、ライブでも写真撮ってこないとか、そういう事ばっかりだったりします。ちょっとの面倒をクリアしたら思い出も楽しいことになるはずなのになあ。

自分でもよくわからない気持ちではあるんですが「家系ラーメンに豆板醤ガンガン入れたったwww」とか言って草木も眠る丑三つ時にインターネッツ上へブチ上げたい心持ちというのは確かに存在するのです。こんな僕にも確かに存在する心情なのであります。

自分の顔写真をアップしても喜ばれる事はあんまりないでしょうが、例えば、夜中にコテッコテのラーメン画像をブチ上げるっていうのは許されるような気がする。

僕の場合だと自撮り写真を日中アップするのとコテコテのラーメンの写真を夜中アップするのも「テロ感」という意味では等価のような気がしますが、タレントさんの、きれいな写真は好きなのでいっぱい見たいです。

それならば僕はラーメンの写真をブチ上げたい。寿司とかビールとかそういうものをアップしたい!

なんだかそう思うわけです。けれども、どういうわけかシャッター音が照れくさい!

そういう事なので無音シャッターのカメラアプリを入手してみました。

っていうかその前に「なんでメシ写真とかアップしてみたいんだろう?」

よくよく考えたら謎すぎる。

親しい人に「クッソうまいラーメンでしたぞwww」って教えてあげたい。できれば夜中に教えてあげたいっていうのはわかるじゃないですか?

けれども、広大なインターネッツの荒野にそれをぶち上げたいっていう気持ちはなんなんだろう?と。心情としてはよくわかるし、僕もそういう気持ちがあるんですけど、それがどこからやってくるのだろうか?ってなると非常に不思議な気持ちになるわけですね。

恐らくここにある気持ちの根本は「共有」ってヤツなんじゃないか?と。おそらく「情報を共用する」っていう感覚は、人間の本能なんでしょうね。なんか危ないぞー!とか井戸が見つかったぞー!とか拳王が来たぞー!とか。そういうやつ。

これは「ポジティブな存在でありたい」っていうのが人間にはあるんでしょうねえ。

不正な感じでの共有ってのは困ったちゃんではありますが、人間は社会性の生き物なので(社会性なし=ブログ主)共有したい気持ちっていうのは、こう、本能に近いものがあるのかもしれません。

リテラシーとかマナーとかはしっかり守って共有しよう!不正ダメー!!!

ということで無音のカメラアプリを入手しておきました

無音になるカメラのアプリとしては以下のようなのが良さげでしたよね。

 

 

インスタグラムとかにも簡単にアップできるしね。ズームとかもしやすいしね。解像度とかも上げられるみたいだしね。

ただ、無音状態の時にはフラッシュが点灯しないらしいです。そらそーか。っていうかフラッシュ点灯させたい時には無音じゃない方がいいもんなあ。ま、世の中には不埒な輩もいるので、そういう意味でも盗撮チックなの防止しているっていうのは良いことですね!

というわけで、これからはいっぱい写真撮影をしようと思います!なんだか楽しそうだな!

-iOS

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.