DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DTM

DTMに必要なのはテーブルと椅子。

更新日:

数年使っていたパソコンテーブルに色んなものを乗っけたり、板を上に乗っけて無理やり横に広げてスピーカーを設置したりしていたら、横にグラグラし始めました。もうそりゃもう目視できる感じで。コロコロが付いてて動かせるやつなんですけど、よくよく見てみたら足が斜めになってるのね。

こりゃあかん。

って思いました。そのうち「ズバゴーン!」ってなると思いました。

なので、ほとんどやむを得ない感じでテーブルを置いてみる事にしました!

買ったのはこういう風なやつ

どっかの通販ページで買ったんですけど、こんな感じです。

真っ赤だなー!真っ赤だなー!オレーの机が真っ赤だなー!おいらの財政真っ赤だなー!!!

とはいっても8000円くらいのやつで、フツーのテーブルなんですけども。けっこうしっかりしてます。

昔、サンレコでプライベートスタジオの特集やってたんですけど(ネンイチでやってますが)まりんの見たのね。そしたら、こういう感じでしたよ。テーブルの上はこんな感じ。

ようやくこういう風になったなー、って。青と赤にしたいんだけどインテリアでそれをやるとキツイんじゃないかって思ったんで、どっかに青いの入れたい!

そういえばDTMってデスクトップミュージックだもんな…

DTMという単語にこだわってるわけではなくて、音楽をやってるだけなんですけど…

机ないとDTMにならんもんな。

本当にテーブルの上に乗っかっちゃう環境が作れるようになったし、あとはギターとか鍵盤とかそんくらいじゃないですか。

そしてDTMerとかって、ずーっとテーブルの前にいるし、椅子に座ってたりするから、そこの環境を整えるのが一番いいんじゃないか?っていう。

もちろんスピーカーの場合は鳴り方とかもありますから、そこらへんも考えないといかんのですけど、それでも置くところをちゃんとしたら楽チンなんだなー、って思いました。

スピーカーについては、鳴り方がカナリ変わっちゃったので、下になんか敷こうと思います。前に住んでたところに、でっかい本棚があったんですけど、そこにスピーカー置いてみたのね。すごいよかったよね。すげー良かったんだけど。

パワードだったし、本もいっぱい入ってたので、おっかないから、すぐに設置を変えましたが…

あと、テーブルの高さも重要だったみたい

このテーブルに変えたことで、少しコンピューターの画面が低くなりました。

見やすくってなあ、もうなあ。色んな意味で楽すぎる。

こんなん気づかなかったもん!

 

 

 

こんなんすげー便利じゃんか!大量にパターン作れちまう!

目線が低くなったので見えるようになったっていう(笑)赤ちゃんか動物って感じですけど。

こうなってくると、そのまま眠れるくらいの椅子が欲しくなってきたやばいぞ。

スポンサード

スポンサード

-DTM

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.