DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DTM

Traktor2.9がリリースされたのでSTEMSファイルを使えるのではないかって思ってるのだけど…

投稿日:

ネイティブインストゥルメント社の新規格「STEMS」っていうのが楽しみです。

っていうか、Trakor2.9がリリースされたので無償でデモ的に配布されてるSTEMSファイルをダウンロードして2.9でかけてみたんですけど、なんのこっちゃわからんでした。これどうやるんじゃ?

あ、ちなみにSTEMSってこういうやつです。

これだと、どういう事だかサッパリ解らん人もいると思うし、僕だって何も知らないでこの動画を見たら「なんすかねこれ?」ってなると思うのです。

どういうもんかっていうと、1つの音楽ファイルを4つまでに分割できる上に同時に再生できるっていうもんです。

これでもよくわからないですね。

たとえば4声の合唱のSTEMSファイルがあったとしたら、それぞれのパートを別々に聴けるって事です。しかもソプラノだけにスタッター系のエフェクトをかけるとかね。っていうか、それ面白そうだな(笑)現代音楽系のイベントでやるヤツいそうだな!オレがまずやるか!グレゴリアンで。全部同じメロディーなんですけど声だけ違うみたいなね。

…グレゴリアンは別に面白くないか…

と、とにかく結構面白い事が出来そうな気配があるという事です。

一番アツいのが「自分でSTEMSファイルを作る事ができるツールの配布」だと思います。自分の曲を四つのパートに分割しつつTraktorでプレイできるんですね。

これはabletonとかでプレイするよりライブ感があるかもしれないです。ラップトップのライブって結構難しいなーと思っていてDJのがライブ感あったりするんですよね。

ハード買わないと出来ないのかな?STEMS的なプレイできないのかな?

こんな風に「案外面白そう」なSTEMSファイルなんですが、無償で配布されてるヤツをデッキに置いても「はて?どうしたらいいのかな?」って感じなのです。もしかしたらハードウェアがないと機能しないんですかね?ぐぬぬ。それはabletonのが良さそうだぞ…

なので。

ひとまずiPadとかの方で機能を解放しちゃったらどうですかね?

そのうちハードがないと困るって人も出てくると思うし、コンピューターでやってる人はハード買うんだと思うし。

ちょっとひとまずiPadアプリの方でわかりやすく解放してもらえないかなー!

スポンサード

スポンサード

-DTM

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.