NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

メランコリアって映画を見たんだけど、あんまシリアスに見ない方が楽しいかも

投稿日:

この週末はPCデトックスをしています!使ってるのMacだけど!

画面の前に座ってアレコレ手を動かすのってやっぱり楽しいんですけど、そういう事をなるべくやらないで「作るぞー!」って決めてから画面の前に座ってクリエイティビティを発散させたらどうなるのかなあ?って思ったりもして。

そして、もうちょい色んな事をインプットしないとね。少しだけそういう時間を取っています。

で、今日はこんな映画を見てました。

またしてもラースフォントリアのやつを見る。そしてナチ擁護発言はあかんよ

http://youtu.be/x76nhR8x_eA

ラースフォントリアの「メランコリア」ってやつね。またラースフォントリアかよ!

そして、今の今まで僕は知らなかったんですが、この作品に纏わるインタビューの中でラースフォントリアは「ナチ擁護」とも取れる発言をしていたのですね。それは映画の内容とはまるで関係ない事だけれども。

これは許されん事だったりします。

まあ、ああいう映画を撮影する監督ですからね。人のマインドを想像するのが仕事というところがありますからね。本人としては「許さんけど、心情については察することが出来る」みたいな感じだったんでしょうかね。知らんけど。気を付けて汚名を作品で晴らしてみてほしいところです。

あ、話が映画と関係ないところに逸れた。

話の予備知識なしで見てみると面白いよ

この作品。ラースフォントリアの鬱三部作みたいな扱いを受けてるらしくて、本人の体験が作品を作る上でのヒントになったそうです。「うつ患者の傾向」みたいな事を知った上で見てみると面白いところがあるのかもしれません。

でも、そういうの何も知らないで見た方が面白いかも。色んな事を考えられるような気がします。

例えば第一部、ジャスティンの結婚式。これどう思います?

披露宴に「普通の人なら、ひと財産」っていう費用をかけるのは、なかなかにクレイジーだと思いませんか?結構、普通じゃあない状況だと思います。

でも「そんなのハッピーでいいじゃない!」って思うじゃないですか?

そう思えた方が健康的なんだと僕は思うのです。オレもやってみてえ!(笑)

けれども、超現代人にとってはこういう状況だって、往々にしてプレッシャーになりがち。

披露宴のカタチに正解なんてないですし、出来れば豪勢にやってみたいとか思ったりしますが、劇中での披露宴は明らかにクレイジーな状況なんですよね。

そんな中ジャスティンはおかしな行動を取り続けて精神を病んでしまいました。(設定では元々心の病に苦しんでいた、ということになってるようです)

それをお姉さんのクレアが面倒見ていたんですけど、第2部になると様相が激変!

「とある豪勢な披露宴」から「地球の滅び」に舞台が変わるとかアタマおかしいだろwwww

第2部は極端に変わって「地球の滅び」が舞台になります。この極端さは流石にワロタwwww

惑星が地球に衝突するかもしれない!っていうことで、劇中に出てくる人々はみんな怯えだします。お姉さんのクレアも怯えだしますね。

そんな中、第1部で心をすっかり痛めてしまったジャスティンだけは至って冷静。クレアお姉さんを慰めるような言動を取ってみたりもします。

地球に惑星が衝突するということになってしまったら、こりゃもう、どうしようもない。どうにもならない。アンコントローラブルな状態ですから、泣いても喚いても仕方が無いんです。なるべく心を平成に保ってその時を迎えた方が良いに決まってるんです。

これも第1部と同じくクレイジーな状況なんですが、今度はクレアの方が参っちゃうってのが凄く面白いなと思いました。

けどね。

第2部の恐怖っていうのは人間の恐怖としては、とても真っ当なものなんじゃないですかね?むしろ、あんなに平然としていられるとかブッダか!?って思いました。

そう思うんです。

けれども病気の人の恐怖っていうのは、第2部の恐怖と同質なのかもしれないよ?

色んな事を相対化しすぎるというのを僕はあまり好まないのですが、この相対化はとても面白いことだと思いました。

うつ患者の恐怖や悩みっていうのは、地球が滅ぶのと同質くらいのものなのかもしれない。

あんな気分で毎日いるかと思うと「何かいい方法があれば良いのだがー」って思ったりもします。うん。

これでうつ患者への理解が深まる!とかいう映画でもないと思うのですが、なかなかに興味深いものだなー、って思いました。

そして、やはり映像がムチャクチャ綺麗だしな!単純にこのおかしな世界を楽しんで見る方が楽しいかもしれません。

トリスタンとイゾルデがしょっちゅうBGMになるので、オレはクソワロタわ!wwww

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.