NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

今日はブラブラしてたらロボットについて考える事があったんだよ(謎)

投稿日:

今日は祝日ということでブラブラしていました。ぶらり。

今日はなんだか「ロボット」について考えていました。ほら、最近。話題としてチラホラ出るでしょ?「すべての労働はロボットになる」っていうやつ。そういう投稿をたまたまTwitterで見ちゃって。

ここら辺は望むと望まざるを関係なく、そういう風になっていくのかもしれません。

今の段階ではロボットのために、ひとり人間を雇うみたいな状況だと思うんですが、そのうちロボットは自律しだすのでしょう。自分で破損箇所を修理したりもするだろうし、燃料についてはコンマ数秒で一番コストがかからないものを検索して発注するのでしょう。金融商品のトレードをして資産を増やしたりするかも。発電もするだろうし、資源が無くなるまで永久的に動き続けることも可能かもしれません。

プロダクトにしてもロボットたちがやるかも。

例えば音楽なんですが、音楽を作るソフトにはランダマイズという機能があります。ボタンを一つ押すと、なんとなくいい感じのものをランダムで生成してくれるんですね。こういうものを、より音楽に近づけるプログラムを組んでおけば、ロボットたちでランダマイズしてサクサクとやっちゃうかも。これはプロダクトデザインでもあり得る話だし、他のいろんなことでも通用する可能性のあるお話だったりもします。

そして、そのうちロボットを作る企業は「すべての組織にロボットのレンタル」っていうのを開始してね。ひとつの巨大なシステムを作り上げちゃうみたいなね。

望むと望まざるに関わらずこうなっていくのでしょう。

本当にクソッタレだな、って思います。

人間ってなんだろうか?っていう話

僕も「言われたことをやる、命ぜられる」というシュチュエーションはすごく沢山あるから、ロボットみたいなもんだとは思うんですよね。音楽だってそういう風に作る事もあったり。でも、そういう風にやらなきゃいけないことってあるから。それはそれで大切なことだから、気持ちを込めてやったりするわけです。(サボったりもします・笑)

こうなってくると、ロボットと人間ってどういう風に違うんですかね?

「働く」っていう文字を見てみましょう。にんべんが入ってますけど。

では。

作業ってなんだろうか?っていう問いにもなると思うんですね。

おそらく、労働と作業は違う。

だからなんだ?って言われても、違うものだと思うのです。

「やったー!仕事が終わったバンザーイ!」って言って飲むビールは大変うまいものですし、お風呂に入って眠るとか、とても爽やかな気分になるのだと思うんですよね。この時点でビール飲んだりお湯を使ったりしていますが。

おそらくロボットのやる作業には喜びは伴わない。そう思うのです。なぜならそういうプログラミングをする必要が無いからです。ただただ全自動で動くプログラミングだけをすれば、永久的に動いていくのだから、喜びなんていうエラーみたいなものをプログラミングをする必要がないわけです。あぶねーし。

ただし人間は絶対にそういうわけにはいかないし、多分、喜びや達成感というのは、別の何かを生み出す可能性がある。そう思います。人は喜びや明るい方向に向かった方が生産的だと思う。

その中で、我々が「自動化した方がいいものとはなんぞや?」っていう事を考えていければいいのかな?と。

以上、なんかの比喩でもなんでもなく、単純にロボットと労働について考えてみました・笑。(こういうのって文脈的に誤解されたりするからね)

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.