NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

DJの準備してたら自分の曲を使いたくなったからSTEMSの実験をしてみたい

更新日:

明日から三連休ですね!バンザーイ!っていうことで、DJ用のトラックを探してみたり、買ってみたり、ついでにトラックを作ってみたりしていますが「やるぞ」ってなるとやっぱり欲がいっぱい出てきちゃうもので、良くしたいなー、と。

欲は良く、でありたいものですよね。うん。

もともとがパフォーマンス志向ではないところがあるんですがライブはやっぱりやりたかったです。エレクトロニックのライブがやりたかったです。

ピンでも成立しちゃうようなやつをやりたかったです。だから弾き語りとかは練習できてやれそうならやりたいと思ったりします(笑)自分の曲まるっきり覚えてないんですけどね。みんなどうやって覚えてんだろう?

ただエレクトロニックのライブは本当に難しい。完全にピンでエレクトロニックのライブやれてる人すげえな、って思います。

完全に個人的な意見ですが(あくまでも個人的な意見)エレクトロニックのライブは人前でやってて面白みを感じないところが多々あって、はしゃいでみたりとかフィジカルな要素がどうしても必要になるんで、それならDJやろうかな?っていう。そういう考え方。あ、人前ではしゃぐのは苦手ではないはずです。ハイ。

僕、これまでにラップトップとかガジェットのライブもそこそこやってきたんですが…

DJのがはるかにライブ感を感じちゃうのです。

例えBPMシンクが自動でも。けれども「おいらDJ志向でもなかった」ってのが厄介な人なんですが(笑)。

ということで厄介な人なりにライブをピンでやろうと思いましてDJ的な活動をしっかりやろうと思い始めたんですが…

やっぱり自分の曲を作りたくなっちゃうんですねー。当たり前じゃないすか?当たり前田のニールキックですよ!なんなら全部自分の曲でやりたいっすよ!っていうかTRAKTOR出たての頃に「ほぼ全部自分の曲をPCDJしてライブ」って言い張ったことあるな!あれ楽しかった(笑)

で、そうなってくると STEMSっていう最新技術も視野に入ってくるんですが、実は今のところ、これに対してすらも懐疑的だったりしますwwww余程のインターフェースがない限りは、なかなか普及しないんじゃないかな?と。あるいはCPUの負荷を軽減してiPadとかでやれるようにするとかね。そういう事がないと意外と普及しないんではないだろうか?

リミックスデッキで十分なんじゃないだろうか!?オレ全然使ったことないけど!(後ろで見てたことはある)。

ただ、何もせんで言ってるだけでも全然ダメなんでSTEMSファイルを作ってみることにします!

STEMS作成ソフトは結構わかりやすいが、キックのディケイがベースになってた件

なんていうか「お役立ちブログ」って感じではないので、サクサク思ったことだけ書いていきますね。

ひとまず公式サイトからソフトダウンロード。インスコしてみたらこんなでした。

こ、これはわかりやすいな…どーやらマスタリングっぽい作業も出来るみたい。ひとまず作ってるファイルをパラで書き出してみるかー!

キックの「ウォッウォ」っていうディケイがベースになってるから、書き出すファイルとかほとんどない(うっ)。

あ、でも一応ベースラインはあるぞ!やってみよう。

っていうかオーディオの出力の設定がわからないんですけど(うっ・涙)マスタリングにならないんですが・・・

まあ、ちょっとやってみましょう。全部マスターのマキシマイザー通ってるぞ!やばいな!

いざ書き出し!そしたらこんなんでた!

んだよもおおおおおおおおおおおおおおおおおお!ステムが4つないと書き出せないのかよおおおおおおおおおおおおおおお!んだよもおおおおおおおおおおおおおおおお!wwwwwww

というわけで同じファイルを足してみる!できた!TRAKTORに放り込んでみよう!聴こえ方も大丈夫だろう!判断つかないけど!

アナライズしないとダメだよね・・・・どうやるんだっけな。放り込んだらプレイとかじゃないんだよね・・・・

というわけで次回に続くかもしんないこれ!「対応コントローラーを持っていない」のでどうなるか?だなー!

ちなみにおいらが渋谷でDJやる10月24日。この日にNIも渋谷でイベントをやるそうです。STEMSのお披露目なんだって(イベントの多い日だなー。ハロウィンすごいな)

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.