NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

なんと遊佐未森さんのライブを見に南青山まで行ってきたでござるの巻

更新日:

今日は会社の先輩のお誘いで、南青山マンダラ遊佐未森さんのアコースティックライブを見に行ってきました。

ここ数年の僕はエレクトロニックなものとか、最近だったらエレクトロニックでオーガニックなものに興奮しがちでしたので、アコーステイックっていうのをちゃんと聴くのはなんだかとても久しぶりのことで。

個人的な印象としては、キーボードマガジンのレビューとか記事にいろいろ出ていた印象があるんですけど、遊佐未森さんといったらこれですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=G0CMVZJLrLw

シュワルツェネッガーwwwww

うん、これだと思うんですよね。

記憶にあったのはサビのところの「ああいう感じ」。

僕はこういう感じを「毒気みたいなもの」として記憶していたようで「そういうライブになるのかなー?」と思ったら、始まってみたら凄くホーリーな感じで。

それこそ「あれ?こういう感じだったっけな?」みたいに思ったんです。声にあんまりエゴみたいなものを感じないみたいな、そういう雰囲気を感じたわけです。

敢えて挙げるとライブのおへそのあたりでやった、震災復興ソングの「花は咲く」が凄く良くてね。

カヴァー曲を挙げるとか申し訳なくて、ゲスな話なんだけども「正直この歌唱を聴くだけでもチケット代払ってよかったな!」って思えるくらい。MCでは「ベガルタヴィッセルの試合の時に悩みながら歌った」っていう話もしておられて「そういうことがあったの知らなかった。サッカーって良いな」って思ったりもしました。

この曲ってAメロとBメロで結構辛いことを言うじゃないですか?

けれども僕はサビの「花は咲く」っていうところで、ちょっと泣きそうになっちゃったっていう(笑)泣かなかったけどな!

というか、この歌声を聴いていて「年をとるっていうのは素晴らしいことだな」って思い直していたりもしてました。そして「表現するならば辛いことで泣かせたくないな」って思ったりもしました。

とってもホーリーな雰囲気だったと思います。

けれども。

この曲やった後は毒気のようなものが戻ってきてましたね(笑)。これはそういう構成だったんでしょうね。とは言っても当時の感じともまたちょっと違ったりもするのかな?と思ったりしますけど。

最後はダブルアンコールもあって、本当に良いライブで、とても興奮しました。凄く良かったです。誘ってもらって良かったなー、って。

今回のライブとあまり関係無いながらも個人的な心情とリンクしたことは、敬愛してやまないブンブンサテライツのSHINE LIKE A BILLION SUNSを聴いてて最近感じる事だったりして。

最近はこんな風に思うんですよ。「ブンブンの作品ってこういう風に寄り添ってくることってあんまりなかった。年をとったんだな。オレも年をとったんだな。年をとるっていうのは素晴らしいことだな」って。

うん。そういう個人的な心情のリンクもあって。なんだかね。

けれども、とても興奮もしたし、凄く良いライブでした。

ライブの感想って文章にするとなかなかまとまらないですね。そういう技術をオレは持っていないっていう。ライターって大事だな、って思いました、たった今(笑)。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.